お得情報研究家「まめ」が格安SIM情報をお届け

【2020年】ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)比較ランキング

おすすめを徹底比較 ソフトバンク回線 MVNO
「ソフトバンクからソフトバンク回線の格安SIMに乗り換えたいけど何がいいの?」

ソフトバンクで使用していたスマホ(iPhoneやAndroid)をそのまま使って、格安SIMに乗り換えることは可能です。格安SIMに乗り換えることによって、月額料金を安くスマホを利用できます。

このページでは、ソフトバンク回線が使えるおすすめの格安SIM(MVNO)を紹介します。プランや料金の違いがあるので、どのサービスが自分に合っているか比較・検討してみてくださいね。

スポンサードリンク

【ソフトバンク回線】格安SIM(MVNO)比較表

格安SIM(MVNO)のチェックポイント1知名度・会社の規模 2料金・割引(家族割、光回線セット割など)、3データ容量、4通信速度・回線、5取扱い端末、6電話・オプションサービス、7店舗でのサポート対応
ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)を提供する業者は複数あります。

そのため「あまりにも多くて違いがわからない。のりかえたいけど迷う」という方も多いと思います。

そこで「知名度・会社の規模」「料金」「割引(家族割、光回線セット割など)」「データ容量」「通信速度」「取扱い端末」「電話サービス」「オプションサービス」「店舗」などを総合的に判断して、5社に絞りました。

専門雑誌やWebでも頻繁に紹介される優良サービスばかりです。「料金が安くても店舗がないといざというとき不安」「ほんとうにお得かわからない」など、不安を解消して、用途に応じて選んでみてください。

格安SIM業者 回線 最安料金 iphoneの販売
ワイモバイル ソフトバンク 月額2,680円~
U-mobile ドコモ、ソフトバンク 月額1,580円~ ×
mineo ドコモ、au、ソフトバンク 月額1,400円~
nuro mobile ドコモ、au、ソフトバンク 月額1,000円~ ×
LINEモバイル ドコモ、au、ソフトバンク 月額1,690円~

ワイモバイルはソフトバンク回線をそのまま使用しているので、本来はドコモやauと同じくMNOになります。しかし、月額料金が安く、MVNOとして比較されることが多いので、本ページでも含めています。

※月額料金は音声通話が使えるSIMの基本料金です。キャンペーンや家族割などで、割引になることもあります。最新料金は、格安SIM業者の公式サイトをご覧ください。

※iphoneは、その格安SIM業者でも販売されているかどうかです。SIMロック解除して、のりかえる場合は使えます。

ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)を比較

ワイモバイル

ソフトバンクの安定回線!店舗も全国展開で安心
ワイモバイルは、キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)のいいとこどりをした携帯電話事業者です。回線はソフトバンクの独自回線を使っているから、格安SIMよりも安定した速度の通信が可能。月額料金もキャリアより安く、コスパは抜群にいいです。また、全国に店舗を展開していて困ったときでも相談しやすいです。paypayやヤフー系のサービスでもワイモバイル加入者は、お得な特典があります。
メリット:おすすめポイント
ソフトバンク回線で速度が安定して速い
paypayやヤフー系のサービスでお得
全国に店舗を展開
回線
ソフトバンク
運営会社
ソフトバンク株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・スマホベーシックプランS(3GB):月額2,680円
・スマホベーシックプランM(9GB):月額3,680円
・スマホベーシックプランR(14GB):月額4,680円
※新規割による割引あり
家族割引 2回線目以降の基本使用料が毎月500円割引(最大9回線)
光回線割引 おうち割光セット(SoftBank 光またはSoftBank Airとセットで基本使用料割引)
通話 ・国内通話が1回10分以内無料
・国内通話かけ放題:スーパーだれとでも定額(有料)
サービス ・Yahoo!プレミアム無料
・故障安心パックプラス(有料)
・Enjoyパック(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 7(128GB・32GB)
・iPhone 6s(128GB・32GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はワイモバイル公式サイトをご覧ください。

mineo(マイネオ)

3つの回線から選べる!iPhoneの販売機種も多い
関西でなじみのある光回線「eo光」を展開する株式会社オプテージが提供する格安SIMです。元ケイ・オプティコム。ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べるので、どのMNOからでものりかえしやすいです。MVNOにしてはiPhoneの販売が多く、旧モデルのiPhoneを安く使いたい方にもおすすめ。mineoユーザーの感想や評価をみれる「マイネ王」で疑問質問を共有できます。
メリット:おすすめポイント
ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べる
使い切った後も最大200kbpsで通信可能
コミュニティサービス「マイネ王」
回線
ドコモ、au、ソフトバンク
運営会社
株式会社オプテージ
月額料金・データ容量 ▽基本料金(dプラン音声通話付き)
・500MB:月額1,400円
・3GB:月額1,600円
・6GB:月額2,280円
・10GB:月額3,220円
・20GB:月額4,680円
・30GB:月額6,600円
※ドコモ、au、ソフトバンク回線によって料金は異なります
家族割引 最大5回線まで50円割引
光回線割引 なし
通話 ・mineoでんわ 10分かけ放題(有料)
・通話定額30、通話定額60(有料)
・LaLa Call(有料)
・mineoでんわ(通話料半額)
サービス ・端末安心保証サービス(無料)
・スマホ操作アシスト(有料)
・訪問サポート(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 11(128GB・64GB)
・iPhone XR(128GB・64GB)
・iPhone XS MAX(256GB・64GB)
・iPhone XS(256GB・64GB)
・iPhone 8(128GB・64GB)
・iPhone SE(128GBGB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はmineo公式サイトをご覧ください。

LINEモバイル

LINEをメインで使うならお得!LINEの年齢認証・ID検索に対応
コミュニケーションアプリ「LINE」で知名度抜群のLINEが提供する格安SIM。LINEのサービスだけあって、LINEユーザーにお得な特典が豊富。「LINEフリー」プランは、LINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロで月々500円から。電話も連絡手段もLINEを使う方は安い料金でスマホが使えます。ソフトバンク回線なら留守番電話が無料で使えます。
メリット:おすすめポイント
LINEやLINE MUSICのデータ通信量ゼロ
LINEアプリの年齢認証・ID検索に対応
ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べる
回線
ドコモ、au、ソフトバンク
運営会社
LINEモバイル株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(コミュニケーションフリー音声通話付き)
・3GB:月額1,690円
・5GB:月額2,220円
・7GB:月額2,880円
・10GB:月額3,220円
※キャンペーンによる割引あり
▽基本料金(LINEフリー) ・1GB:月額1,200円
家族割引 ウェブ登録事務手数料が最大無料
光回線割引 なし
通話 ・10分電話かけ放題(有料)
・いつでも電話(通話料半額)
サービス ・端末保証オプション(有料) ・Wi-Fiオプション(有料) ・フィルタリングオプション(無料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) iPhone 6s(128GB・32GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はLINEモバイル公式サイトをご覧ください。

nuroモバイル

月額料金が安い!ソニーの格安SIM
ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するソニーの格安SIM。インターネット回線の「NURO 光」も独自回線でつながりやすさに定評がある人気サービスです。nuroモバイルは、料金の安さが魅力。ソフトバンク回線のお試しプランなら、データSIMが月額500円から使えます。ソフトバンク回線だけでなく、ドコモ、au回線も選べるので、のりかえもしやすいです。
メリット:おすすめポイント
ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べる
最安300円からで安い
シンプルな料金プラン
回線
ドコモ、au、ソフトバンク
運営会社
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(ドコモプラン音声通話付き)
・お試しプラン:月額1,000円
・Sプラン:月額1,400円
・Mプラン:月額2,200円
・Lプラン:月額3,400円
※ドコモ、au、ソフトバンク回線によって料金は異なります
家族割引 なし
光回線割引 なし
通話 ・nuroモバイルでんわ(通話料半額)
サービス ・端末補償(有料) ・訪問サポート(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) なし
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はnuro mobile公式サイトをご覧ください。

U-mobile

データ通信容量30GB!大容量で使いたいなら
MVNOはデータ容量が少ないのが一般的。しかし、U-mobileは30GBのプランがあります。外出先や通勤通学でも、ネットや動画を存分に楽しめます。大手キャリアの大容量プランよりも料金が安いのも魅力です。また、動画配信サービス「U-NEXT」で使えるポイントが毎月もらえます。
メリット:おすすめポイント
LTE使い放題プランあり
大容量プランも安い
ソフトバンクのiPhoneに対応
回線
ドコモ、ソフトバンク
運営会社
株式会社U-NEXT
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・3GB:月額1,580円
・5GB:月額1,980円
・LTE使い放題:月額2,980円
・U-mobile for iPhone:月額2,980円
・USEN MUSIC SIM:月額2,980円
・U-mobile MAX:月額2,880円
家族割引 なし
光回線割引 なし
通話 ・でんわパック60(有料)
・U-CALL、U-CALL MAX(通話料半額)
サービス ・モバイル簡単セットアップサービス(無料)
・端末保証お見舞金サービス(有料)
・遠隔サポートサービス(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) なし

※価格は変更になることがございます。最新価格はU-mobile公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)とは

MVNOとMNOの違い
格安SIM(MVNO)は、キャリアから回線を借りて運営しています。そのため、低価格でサービスを提供できるメリットがあります。

しかし、業者によって取り扱っている回線(ドコモ、au、ソフトバンク)が異なります。ドコモのみという業者もありますし、3つの中から回線を選べる業者もあります。

主に、ソフトバンクのスマホを使いたい方やソフトバンクから格安SIM(MVNO)に乗り換えたい方に、メリットがあります。

SIMロック解除について

iPhone
基本的にキャリアで購入したスマホは、SIMロック解除をしなければ、格安SIM(MVNO)では使えません。しかし、同一の回線であれば、SIMロック解除なしで利用できるケースもあります(端末により異なります)。

そのため、ソフトバンクで使用していたスマホ(iPhoneやAndroid)をそのまま使って乗り換えることも可能です。

スマホを新しく購入する必要がなく、月額料金を安くすることもできます。ただし、端末によっては対応していないこともあるので、乗り換える先の「対応端末」も確認しておきましょう。

速度が遅くなることもある

格安SIM(MVNO)は、ソフトバンクの回線を借りて運営しています。回線の設置費用やメンテナンスの費用がかからないので、月額料金を安く提供することができます。

これまで、ソフトバンク回線になじみがあり、対応エリアに不備を感じていなければ、ソフトバンク品質で利用できるメリットがあります。

ただし、一部の回線を借りているので、ソフトバンクよりも速度は遅くなる可能性があります。回線によって、地域や離島、地下など、つながりやすいエリアには差があります。また、スマホで通信する人が増える、お昼や夜でも、速度はかわります。

ワイモバイルが優れている7つの理由
「料金が安くなっても速度が遅いと困る」という方は、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドで、実質はドコモやauと同じMNOになります。しかし、ソフトバンクよりも月額料金が安く、MVNOとして比較されることが多いです。

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線をそのまま使っているので、回線の速度や安定性はソフトバンクと同じです。

回線の速度はソフトバンクと同じで、料金を安くしたい方におすすめです。ドコモやauのスマホをそのまま利用したい方は、ワイモバイル動作確認済み端末を確認したうえで、SIMロック解除を行いましょう。

乗り換えで注意したいこと

ドコモやau回線より料金が高くなるケースあり

ソフトバンク回線は、ドコモやau回線よりも、業者が回線を借りる費用が高いです。そのため、ユーザーの月額料金も少し高くなるケースが多いです。

また、ドコモ回線に比べて、ソフトバンク回線を取り扱っている格安SIM(MVNO)が少ないです。サービスやサポート内容が限られてくるので、多くの業者を比較できないデメリットもあります。

乗り換えの手順

大手MNO(ドコモ、au、ソフトバンク)からは、以下の手順で簡単に乗り換えられます。

(1)現在利用の携帯電話事業者でMNP番号を取得(電話番号そのままで乗り換えられます)
(2)好きな格安SIMを申し込み
(3)格安SIMから届いたSIMカードをスマホに挿して設定

今使っているスマホをそのまま使いたいなら「各格安SIMで端末が対応しているか」「申し込みできるSIMのサイズ」も確認してください。念のためSIMロック解除もしておきましょう。SIMロック解除は、店舗なら有料、Web申し込みなら無料です。

SIMカードをセット
SIMカードは、簡単にスマホに挿すことができます。SIMのサイズが合っていないと通信できないので注意してください。通常サイズSIM、nanoSIM、microSIMといった種類があります。

まとめ

月額料金が安く、ソフトバンクの回線をそのまま使えて速度も安定しているワイモバイルが総合的に優れています。

iPhoneを新しく購入したいなら、mineoが取り扱い機種が多いです。

LINEモバイルは、LINEをメインで使う方にお得です。

とにかく月額料金を安くしたいならnuro mobileが安いです。

U-mobileは、30GBの大容量プランがあります。

格安SIMを比較

以下ページで、格安SIM(MVNO)をタイプ別に比較できます。

おすすめ格安SIM総合 ドコモ回線
au回線 ソフトバンク回線
iPhone SEが使える

格安SIMの割引キャンペーン

以下ページで、他の格安SIM(MVNO)の割引キャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

▽割引キャンペーン掲載格安SIM(MVNO)一覧
楽天モバイルUQモバイルmineoワイモバイルnuroモバイルIIJmioBIGLOBEモバイルイオンモバイルDMMモバイルOCNモバイルONEエキサイトモバイルリペアSIMQTモバイルDTI SIMLIBMO

公開日:2019年12月24日
目次