billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

楽天市場で最もお得なクレジットカード「楽天カード」を徹底ガイド


楽天カードは、楽天市場で最も楽天スーパーポイント貯まりやすいクレジットカードです。比較サイトや情報誌でも必ずといっていいほど取り上げられる人気カードですね。私もメインのクレジットカードとして2年間使い続けてきました。

しかし、これから作る人は「クレジットカードだし心配」「ほんとうにお得なの?」とデメリットの方が気になることもあるでしょう。

結論からいうと楽天市場をよく利用する人には自信を持っておすすめできるクレジットカードです。使い方次第で、ポイントがどんどん貯まります(後ほど詳しく紹介します)。

それに、楽天市場をあまり使わない人でも楽天カードで貯めたポイントを楽天ポイントカード加盟店で利用できるので利便性は高いですよ。

このページでは楽天カードを楽天市場で利用するメリットやポイントの貯め方を紹介します。

スポンサードリンク

楽天カードの楽天市場での使い方

楽天市場でポイントが4倍

最もポイント還元率が大きいのが楽天市場での利用です。楽天カードを使って決済することで通常の4倍のポイントが貯まります。内訳は以下のようになります。

楽天市場の利用ポイント1%+楽天カードの利用1%(通常ポイント)+楽天カードで支払い2%(特典ポイント)=還元率4%

通常は、楽天市場での買い物で100円につき1ポイント貯まります。それを楽天カードで決済することで100円につき2ポイントになります。


さらに、特典ポイントとして、スーパーポイントアッププラグラム(SPU)キャンペーンが適用になり、100円につき4ポイント貯まるようになります。つまり、10,000円の買い物を楽天カードで支払うと400ポイントも貯まりますよ。

ちなみに、SPUは、楽天モバイル利用で+1%、楽天市場アプリ利用で+1%、楽天プレミアムカード利用で+1%で、最大7倍にすることもできます。

SPUの終了期間は決まっておらず、終了しない限りはずっとこの還元率になります。エントリー不要で自動的用されるので、誰でもこの特典のメリットをうけることができます。

ショップ毎のポイント還元キャンペーンも併用可能


また、ショップ毎にポイント還元キャンペーンをやっていることもあり、それも上乗せされるとさらにポイントを増やすことができます。私はナノユニバースでトートバックを買ったときに、ポイント還元率10%になったことがありますよ。

ダイヤモンド会員になるには必須

楽天市場には、買い物の金額や回数によって特典が付く楽天Point Club会員ランクがあります。その最高ランクであるダイヤモンド会員になるには「楽天カードの保有」が条件の一つになっています。


私もダイヤモンド会員ですが、誕生日月に700ポイントもらえるのが一番のメリットですね。人によっては、お得なセールやキャンペーンに該当するかも。

貯めたポイントを使いやすい

楽天カードで貯めたポイントは、1ポイント1円として、次回の楽天市場での買い物で使えます。もしも、楽天市場で買うものがなくても楽天グループ(楽天トラベルや楽天ブックスなど)や楽天ポイントカード加盟店、楽天ID決済など使えます。

楽天スーパーポイントのいいところは、使い道が豊富なことです。楽天市場だけだと買うものがなかったり、少額のポイントを使うために買い物をするのは浪費になってしまいます。

そんなときには、楽天ポイントカード加盟店や楽天ID決済で、他店でポイントを使うことで、無駄なく消費することができますよ。また、ANAのマイルや楽天Edyに交換することもできます。

期間限定ポイントについても効率よく消費する方法があります。

スポンサードリンク

年会費は無料

発行費、年会費は無料です。楽天市場でポイントを貯めるための2枚目のクレジットカードとして、所有するという選択肢もありです。

発行方法から審査、カード到着まで

これから申し込みを考えている人は以下ページをご覧ください。審査や申込みについて詳しくまとめました。

まとめ

楽天カードは、楽天市場を利用する人にとって最もお得なクレジットカードです。

・楽天市場でポイントが4倍
・ダイヤモンド会員になるには必須
・楽天トラベルでポイント2倍〜6倍

メインカードでなくとも、楽天市場を使うために2枚目、3枚目として持っておくのもおすすめです。

今なら楽天カードに申込みで最大7,000ポイントもらえます。

公開日:2016年9月20日