billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

楽天カードの申し込み方法|手順と知っておきたい注意点

スポンサードリンク

楽天カードの審査と申込み
楽天カードマンでおなじみの人気クレジットカード「楽天カード」の申し込み方法について紹介します。

私も実際に入会してもう2年以上もメインのクレジットカードとして愛用しています。ポイントが貯まりやすく、お得なクレジットカードであることは間違いないです。

しかし、クレジットカードなので、申し込むにあたっての不安や、何を準備しておけばいいかわからないこともありますよね。

このページでは、楽天カードの申し込みの手順や届くまでの期間、必要事項や準備しておくものなどの情報を記載しています。これから申し込む人は参考にしてみてください。

また、申し込みにあたって気を付けておきたい注意点も記載しています。

スポンサードリンク

楽天カードの申し込み資格について


楽天カードは、誰でも申し込めるわけではありません。以下の申込み基準があります。

18歳以上(高校生を除く)

このように、年齢制限が設けられています。わざわざ「高校生を除く」と書かれているということは、18歳以上であれば大学生は発行できるということですね。

よくあるクレジットカードの規定では年齢制限に加え、「一定の収入がある」といった制限をしていることが多いです。ところが、楽天カードの場合は記載がありません。これをいいようにとらえると、年齢をクリアしていれば、誰でも申し込める資格はあるということです。

さらに調べて見ると、楽天カード公式サイトのよくある質問に、職業についてもはっきりと記載がありました。

主婦・パート・アルバイトの方でも申し込み可能

裏を返せば「収入が少ない人でも申し込みできる」ということです。楽天市場は、女性の利用率が高いです。専業主婦や学生でも楽天カードで買い物できると、ポイントが貯まってお得ですね。

その他にもクレジットカードは、一般的に以下のような審査基準があります。

・収入・職業・勤務先・雇用形態
・過去のクレジットカード利用履歴(多重申し込み、遅延など)
・住宅事情(居住年数、借入額など)
など

楽天カードの審査基準は公表されていないため、はっきりとしたことは言えません。

とはいえ、アメリカン・エキスプレスやゴールドカードといったステータスの高いカードと比較すれば発行しやすいはずです。楽天カードは、楽天市場でお得なカードなので、審査が厳しいとメインターゲットとなる利用者がカードを作れませんから。

なお、申込みにあたっては、必ず楽天会員登録が必要です。登録は無料です。楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスを利用したことのある方は、そのIDでOKです。持っていない人は、この機会に作ってみましょう。

楽天カードの申し込み手順

1.楽天カードの公式サイトへアクセス

楽天カードの公式サイトより申し込みができます。楽天カードは発行費も年会費も永年無料です。

ここでは実際に申し込む手順をみていきましょう。以下のボタンより、公式サイトで申し込めます。パソコンでもスマホでも大丈夫ですよ。

現在、楽天カードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。

申込みのタイミングについて

楽天カードは24時間いつでも申し込みが可能です。土曜日でも日曜日でも夜中でもOKです。

ただし、カードが発行・配達されるまでは審査があります。審査は、数分で完了することもあれば、数時間かかることも。これは、審査の営業時間が朝~夕方までだから時間帯によって差異があります。なので、最短で届いてほしい場合は、早めに申し込んだ方が審査も早くなると思います。

2.必要事項の入力

以下は、申し込むにあたって入力が必須の必要事項です。

楽天会員

楽天カードを申し込むには必ず楽天会員である必要があります。楽天会員は、楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスを利用するときに使用しているものでOKです。むしろ、その楽天IDを使わないとポイントを統合できません。


楽天会員になっていない人は「楽天会員ではない方」からの入り口から申し込むと、同時に楽天会員登録もできます。登録は無料です。

国際ブランドの選択

JCB、MasterCard、VISAの3種類から好きな国際ブランドを選択できます。JCBならnanacoにチャージすることで、ポイントが貯まるので人気です。nanacoで自動車税や固定資産税などの税金の支払いをしたい人はJCBを選択しましょう。

ただし、世界的にはJCBよりVISAの方が加盟店が多いです。海外旅行に頻繁に行く人は、VISAでもいいかもしれません。

カードのデザイン


MasterCard限定で「通常デザイン」と「お買いものパンダデザイン」の2種類から好きな方を選べます。JCBとVISAを選択した場合は、通常デザインのみです。

暗証番号

カードを利用するときの4桁の暗唱番号です。生年月日や電話番号などわかりやすいものは避けましょう。

個人情報

個人情報は、審査にも響くので正確に入力しましょう。

名前、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、家族構成、住宅ローン、勤め先・学校、預貯金額、カード入会後のご利用目的、他社からのお借入金額

引き落とし金融機関

クレジットカードの利用代金を引き落とす口座を指定できます。後日、郵送での手続きもできますが、書類の郵送が手間なので、ここで登録しておいた方が楽です。

口座情報の入力があるので、キャッシュカードや通帳を手元に用意しておきましょう。指定できる引き落とし口座は、カードご本人様名義のみです。

なお、引き落としできる主な金融機関は以下です。

楽天銀行、みずほ、三菱東京UFJ、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、ジャパネット銀行、イオン銀行、新生銀行、じぶん銀行、セブン銀行、ソニー銀行、全国の地方銀行、全国の信用金庫

大手銀行、ネット銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫など、ほとんどの金融機関に対応していますよ。

Edy機能付帯

無料で楽天Edy(電子マネー)を付帯できます。付帯しておくと、クレジットカードが使えないお店でも電子マネーで支払えます。

なお、楽天ポイントカードの機能は自動的に付帯されます。これにより、最大で1枚で3役のカードとして使えます。私も楽天Edyを付帯しました。

3者の違いについては、以下ページもご覧ください。ちなみに、楽天Edyの機能は後からでもつけられます。

年会費は永年無料です。

また、楽天ポイントカードと楽天Edyの機能も無料で付けられます。1枚3役で便利ですよ。

楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせについて

メールマガジンが届きます。「たくさん届いてウザい」という人もいるので、心配なら受け取らないようにしておきましょう。

楽天から届くメールは迷惑メールのように言われますが、単純に量が多いだけで、あやしいものではないので安心してください。中には、キャンペーンやプレゼントなど、有益な情報もあるので。

ちなみに、後からでも配信の登録・停止の変更可能です。試しに受け取るようにしておいて、気に入らなかったら後から停止することもできます。

リボサービス

自動リボサービス、ショッピングリボお支払いコースの有無を選択できます。リボは手数料などもかかるので、利用する予定がないのであれば、申し込まない方がいいと思います。

3.審査

申込みが完了すると審査に入ります。

楽天カードは、クレジットカードなので申込み資格を満たしていたとしても、審査に通らなければなりません。

審査期間は、最短数分で完了します。実際に私が申し込んだときは、土曜日の0時過ぎに申込み。カード発行手続き完了のお知らせがメールで届いたのは、翌朝の8時頃でした。数分ではなかったにしろ、他のカードと比較すると早いです。

なお、審査についての情報を調べつくしたところ、「審査の難易度はかなり低い」といえるような結果でした。そもそも、審査に厳しいカードであれば、主婦や学生でも申し込み可能とはならないはずです。

とはいえ、多重申し込みや過去のクレジットカードに関するトラブル、延滞などがあった人は注意が必要です。クレジットカードは信用が大切なので、これはどのようなカードであっても同じことがいえます。

楽天カードは、明確な審査基準については公開していないので、確かなことはいえませんが、はじめてクレジットカードや年収が低い場合でも、審査に通る可能性は高いのではないでしょうか。

4.本人様確認書類の準備

楽天カードは郵送で届きます。

ただし、カードの受け取りには、本人様確認のための公的証明書類が必要になります。以下のいずれかを事前に用意しておきましょう。

■「佐川急便 受取人確認サポート」の場合
※氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ、荷物を受け取る際に有効なものに限ります
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書

下記資料の場合は、補完書類と合わせて2点での確認が必要となります。
・健康保険証
・年金手帳

■「郵便局 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」の場合
(氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ郵便物・荷物を受け取る際に有効なものに限ります)
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書(在留の資格が特別永住所のものに限ります)
・個人番号カード(顔写真付)
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・官公庁が発行した身分証明書(顔写真付)
・共済組合員証
・国民年金手帳
・運転経歴証明書
・年金手帳
・公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

引用:楽天カード公式サイト

簡易書留に限り、お申し込み時と同じ住所にて本人以外の家族でも受け取れます。

5.カード到着


カードが手元に届くのは、申し込みから1週間程度です。実際に私もそれくらいで届きました。審査期間や届けられる地域によっては、前後すると思います。

配送は、以下のいずれかになります。私は本人限定受取郵便でした。

・佐川急便(株)「受取人確認サポート」
・日本郵便(株)「本人限定受取郵便」
・日本郵便(株)「簡易書留」

受け取りには、前項で紹介した本人様確認書類が必要になります。配達員が宛名と本人様確認書類を照合して受け取り完了になります。

なお、忙しくて自宅で受け取れないという人は、郵便局の郵便窓口での受け取りも可能です。もしも、ポストに不在票が入っていれば、郵便局で受け取るように手続きしましょう。その際も、本人様確認書類と印鑑(サインでも可)が必要になります。

6.利用開始

カードが届いたら、裏面に署名をして利用開始です。すぐにでも使うことができます。

また、楽天カードの管理画面である「楽天e-NAVI」にも登録しておきましょう。支払い履歴や各種設定変更、キャンペーンの確認など、今後何かあったときに確認することになりますので。

それと、楽天カードに申し込むと「○○○○ポイントプレゼント!」というキャンペーンをやっていることがほとんどです。注意したいのが、このポイントは、もれなくもらえるポイントと条件付きでもらえるポイントがあります。メールや申し込み要項で条件を確認して、もらい忘れのないようチェックしておきましょう。

また、期間限定ポイントであった場合は、失効に気をつけてください。

以上が申し込みから審査、カードが届くまでの流れになります。

スポンサードリンク

申し込みの注意点

注意点をおさらいすると以下のようになります。

・申し込みは18歳以上(高校生は除く)
・リボ払いの利用は慎重に
・受け取りには本人確認書類が必要

楽天カードは、クレジットカードです。普通に利用する分には問題ありません。手数料がかかるリボ払いはできるだけしないようにしましょう。

まとめ:楽天カードの申し込み方法

申し込みの手順を簡単にまとめると以下のようになります。

1.楽天カードの公式サイトへアクセス
2.必要事項の入力
3.審査
4.本人様確認書類の準備
5.カード到着
6.利用開始

用意するものは、金融機関の口座情報と運転免許証などの本人様確認書類があればOKです。特別に用意するものはありませんよ。なお、利用開始後に、プレゼントされるポイントのもらい忘れに注意しましょう。

楽天カードは、楽天市場でポイントが貯まりやすいのと普段の買い物でもポイントが貯まるのが魅力です。それに、楽天モバイル楽天ポイントカード加盟店など、楽天のサービスをよく利用する人は作っておいて損はないカードですよ。

実際に使ってわかったメリットやデメリットについては以下のページに詳しくまとめました。

節約家におすすめのキャンペーン情報

「今月はがんばったからもう少し贅沢したい!」

今なら、楽天カードを作成すると最大8,000ポイントもらえる期間限定キャンペーンが開催されています。

もらった楽天ポイントは、楽天市場や楽天ポイントカード加盟店で使えます。外食やショッピングでちょっと贅沢できます。

普段の買い物でも100円につき1ポイント貯まるので私も積極的に利用して、節約しています。

楽天カードは、年会費も入会費も無料です。18歳以上であれば学生や主婦でも申し込みできます。

最大8,000ポイントもらえるのは、2017年10月17日(火)~2017年10月27日(金)までの10日間限定です。

通常は5,000ポイントしかもらえないので、8,000ポイントもらえる期間は滅多にありません。申し込むなら、この機会を逃さないようにしましょう。

クレジットカードを作りたい人におすすめの記事

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ

クレジットカード比較!はじめての1枚におすすめのカードランキング

公開日:2016年10月20日