billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

携帯料金が高すぎて家計がピンチ!5,000円以上安くお得にスマホを使う方法

携帯料金を最大限に安く
「今月の携帯料金8,500円って高いなぁ。妻の携帯と合わせると20,000円近くかかってしまう。。。」

結婚する前までは気にしていなかった携帯料金。しかし、結婚、そして子どもが産まれていろんな出費が増えたことで、すごく負担に感じるようになりました。

そこで、おもいきってソフトバンク(キャリア)から楽天モバイル(格安SIM)に乗り換えたんです。

結果的に、8,500円近く支払っていた携帯料金が5,000円以上も安い2,500円くらいでおさまるようになりました。もちろん、ガラケーではなく、スマホを使ってインターネットやアプリも使っていますよ。

とはいえ、利用する目的によっては乗り換えない方がいいこともあるんですよね。携帯料金を安くする方法は一つではありません。そこで今回は、携帯料金を安くする方法を2つの側面からまとめました。

・キャリアのままプランを見直す
・格安SIMに乗り換える

この両者を比較してあなたにとって、最適な方法を選んでみてください。

このページでは「携帯料金が高い!」とお悩みの方のために、できるだけ安くスマホを使うための方法を紹介します。

スポンサードリンク

携帯料金が高い理由

携帯料金はなぜ高い
おそらく、「携帯料金が高い!」と思っている人は、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を利用していると思います。

それでは、なぜキャリアは高いのか。その理由を知るには、「格安SIMがなぜ安いのか」の方を知ったほうがわかりやすいです。

携帯電話のことを調べていると「MVNO」と「MNO」という言葉をみかけると思います。横文字でややこしいのですが、以下のように考えてください。

MNO =キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
MVNO = 格安SIM(楽天モバイル、マイネオ、IIJ mio)

MNOとは、独自の回線を持った携帯電話事業者のことです。そして、MVNOとは、MNOから回線を借りて運営している携帯電話事業者です。

独自の回線を持ったMNOは「回線の維持や設備投資」「ショップを全国展開」「専用の端末を開発」「コンテンツ・サービスの充実」などのコストがかかっています。

MVNOは、回線の一部を必要な分だけ借りて運用しているので、料金が安くなります。

ただし、料金が安いというメリットだけで、MVNOに乗り換えるのは危険なんですよね。なぜなら、「回線の速度や安定性」「通話料金の高さ」「SIMフリー端末が必要」といったデメリットもあるからです。

しかし、基本的にはMVNOの方が確実に安いです。私のように「電話もネットもあまりしない。でもスマホは持っておきたい」という人はMVNOへの乗り換えにメリットがあります。

※以降は、わかりやすいようにMNO =キャリア、MVNO = 格安SIMと表記します。

キャリアのままプランを見直す

現状のプランの変更

もしかすると、携帯電話ショップで店員にすすめられるがまま契約をしていませんか?

携帯電話ショップでは、ただでさえ複雑な料金形態に加えて、以下のような勧誘があります。

「今なら◯◯割をやっているので入っていたほうがお得ですよ」
「◯◯のオプションを2年間無料で利用できます」

嘘を言っているわけではないのですが、これには落とし穴があります。それは「期間」です。

「2年間は無料です。しかし、契約更新月に解約されない場合は以降、有料になります」

このように補足されたことを覚えていないでしょうか?私も機種変更をしたときに「このスマホに新しい電話番号を2年間無料でお付けできます。携帯電話を持っていない祖母や両親に持ってもらうこともできますよ」と言われ思わず契約してしまった経験があります。

2年後に解約を忘れたらどうしようとビクビクしました笑。

他にも、
・月々数百円のオプションをつけたものの使わなかった
・新プランが出たので変更した方がよさそう
など、現状のサービス内容を見直すことで、払い過ぎていた携帯料金を安くできることがあります。

現状どんなプランを契約しているかは、ショップに行けば教えてくれますよ(マイソフトバンクなどでも確認できますが、見直す場合は聞きに行った方がいいと思います)。

光回線とのセット割にする

自宅の光回線(インターネット)とキャリアを同時に利用することで、月々の料金が割引になります。

ソフトバンク:【SoftBank 光】
au:auひかり

ドコモ:ドコモ光

時期やセット内容にもよりますが、割引やポイント還元をうけられます。キャリアを使い続けるのであれば、光回線とセットにしておいた方がお得です。

ただし、面倒くささがあるのと、マンションでは集合住宅用の割引もあるので、比較は必要ですね。

自宅の光回線やWiFiルーターを解約する

自宅の光回線やWiFiルーターにいくら使っているでしょうか?

あまり使っていないのであれば、解約をすることで通信費の削減になります(携帯料金を抑えることと直接関係ないですが)。「でも、それじゃインターネットができない」と思われるかもしれません。

しかし、パソコンでインターネットをしなくとも、ショッピングもSNSも情報収集もスマホで大体のことはできます。キャリアのスマホだけで十分という人も絶対にいますよね。

私の知り合いは「ほとんどインターネットしないけど光回線に5,000円くらい払ってるわ」と言ってました。めっちゃ無駄ですよね。

どうしてもパソコンをしないときは、テザリングをする方法もあります。テザリングは、スマホを親機としてノートパソコンやゲーム機と接続してインターネットをする方法です。

私は楽天モバイルですが、ノートパソコンを外出先で使う時によくテザリングをやっています。

ただし、テザリングは用途によっては容量を使うので、頻繁にインターネットをする人はNGです。

スポンサードリンク

格安SIMに乗り換える

格安SIMに乗り換える
先程も紹介したように格安SIMは、回線を借りることで料金を安くしています。そのため、キャリアから乗り換えることで大幅な節約になることは間違いないです。

具体的には、以下のような人は、乗り換えることでメリットがあります。

・音声通話(電話)をあまり使わない
・データ通信をあまり使わない
・スマホにこだわりがない

私はいずれにも該当したので、乗り換えを決意しました。結果的に、キャリアと同じことが格安でできるようになり大満足しています。

音声通話(電話)をあまり使わない

格安SIMのデメリットは通話料金が高いこと。基本的には30秒/20円の通話料金がかかります。

キャリアの場合は、定額であることが多く、長電話や頻繁に電話をかける人でもお得なプランがあります。

しかし、あまり電話をかけない人なら格安SIMでも通話料金が気にならないですよね。それに楽天でんわなら30秒/10円でかけられますし、LINEなら無料通話ができます。私も家族間はLINEで、固定電話にかけるときは楽天でんわを使っているので、月に数百円しか使っていません。

また、格安SIMでも楽天モバイルの「5分かけ放題」やY!mobileの「スーパーだれとでも定額」といったかけ放題のサービスも増えています。デメリットと言われていた「通話料金の高さ」も解消はされてきているんですよね。

ちなみに私の場合は、8,500円→2,500円になったので30秒/20円でかけたとしても、1ヶ月に125分以内の通話なら格安SIMの方が安いです。

このように、現状の通話料金と時間、格安SIMの料金プランを比較するとどちらがお得かわかりやすいです。

なお、格安SIMのかけ放題プランは、以下ページにまとめました。

データ通信をあまり使わない

格安スマホは1GB、3GB、10GBなど、データ通信の容量によって料金が決まります。料金は、格安SIMの会社によって異なりますが、プランが充実しているのは利用者の多い3GB~5GBです。

そのため、ガンガン動画やアプリを使い倒す人には注意が必要です。なお、以下の表は1GBでこのくらい使えるという目安です。

PC版Yahooトップページ(236KB) 5120回
メール(5KB) 204,800通
Youtube動画(41.2MB) 125分
Google Maps(800KB) 1,280回

メールやSNS、外出先で調べものをする程度であれば、3GBもあれば十分そうですね。ちなみに、私は楽天モバイルの5GBを契約しています。

AtermWF1200HP
それでも、Amazonプライムビデオやスポナビライブといった動画視聴サービスは見たいんですよね。そこで、自宅では無線ルーターを使って、WiFi環境にしています。そのため、全く容量を使いません。自宅でスマホを使うなら、このような節約の仕方もあります。

なお、最近では格安SIMにも20GBや30GBのプランが増えました。しかし、当然ながら料金が高くなる(5,000円以上)ので、大幅な節約になるかというとそうともいえません。

そのため、まずは現在利用しているスマホのひと月のデータ使用料を確認しましょう。もしも、5GB以内であれば大幅な節約が期待できます。

スマホにこだわりがない

格安SIMでは、SIMフリーのスマホを使用します。SIMフリーのスマホは、SIMロックがかかっていないスマホのこと。SIMカードを自由に差し替えができます。

iphoneにもSIMフリーの端末がありますし、Androidでも種類が豊富にあります。デザインや機能にとくにこだわりがなければ、問題はありません。私はHuaweiというメーカーの12,000円で購入したスマホを利用していますが、電話もインターネットもアプリも十分にできます。

しかし、キャリアでしか取り扱っていないハイスペックなスマホもあるんですよね。最新のスマホをどうしても使いたいという事情があれば、キャリアの方がいいでしょう。

まとめ:携帯料金を安くするには「プランの見直し」か「格安SIMへの乗り換え」の2択

現在の携帯料金を安くして、お得にスマホを使うには以下の方法から検討します。

▽キャリアのまま携帯料金を見直す
現状のプランの変更
光回線とのセット割にする
自宅の光回線やWiFiを解約する
▽格安SIMに乗り換える

格安SIMに乗り換えることでメリットがあるのは、「音声通話(電話)をあまり使わない」「データ通信をあまり使わない」「スマホにこだわりがない」という人です。

自宅ではWiFi接続をしたり、電話はLINEを使ったりと工夫できる人も格安SIMが向いています。そう考えると、当てはまる人は多いんですよね。

乗り換えでもプラン変更でも面倒くささはあると思います。しかし、早めに対策をたてることで大きな節約となります。私は年間60,000円(5,000円×12)も出費をおさえることができましたよ。

おすすめの格安SIM

楽天モバイル

楽天モバイルは、スマホとのセット購入で安くなるキャンペーンが充実しています。実際、私が申し込んだ時もセット購入にしたおかげで、Amazonよりも安く買えました。それと支払いに楽天ポイントが使える・貯まるのも気に入ってます。

Y!mobile(ワイモバイル)

かけ放題のプランが充実しているので、電話を頻繁にかける人や長電話をしたい人に合っています。また、ソフトバンクの回線が使えるので、ソフトバンクからの乗り換えで携帯料金を安くしたい人にもいいでしょう。

公開日: