お得情報研究家「まめ」が格安SIM情報をお届け

ZTE「Libero S10」を安くお得に買う方法|新品も中古も激安価格で手に入れる!

安くお得に買うLibero S10 スマホ
Libero S10は、2019年11月8日に発売されたZTE製のAndroidスマートフォンです。低価格ながら、5.7インチの大画面ディスプレイ、防水・防塵対応とコストパフォーマンスに優れたモデルです。

Libero S10を購入できるのは、以下の携帯電話事業者です。

現状は、ワイモバイルのみの取り扱いです。ドコモやソフトバンク、UQモバイルなどでは購入できません。ただし、一括購入料金、分割料金、どこからのりかえるかによっても価格に違いがあります。

このページでは、ZTE「Libero S10」を安くお得に買う方法を紹介します。

スポンサードリンク

安く買うコツ

Libero S10は、SIMフリー版はありません。中古が出回らない限り、ワイモバイルで購入しましょう。

新規契約はもちろん、のりかえでの端末セット購入や機種変更もできます。

ただし「新規契約 or のりかえ」と「機種変更」では購入価格が異なります。基本的には「新規契約・のりかえ」でLibero S10をセットで購入する方がお得。

以下のような違いがあります。

新規契約 一括購入代金:14,400円
のりかえ(ドコモ、au、MVNO) 一括購入代金:14,400円
のりかえ(ソフトバンク) 一括購入代金:23,760円
機種変更 一括購入代金:21,600円

※価格は変更になることがございます。最新価格はワイモバイル公式サイトをご覧ください。

そのため、以下のような方法で、買い替えをするとお得です。※ソフトバンクからののりかえは、少し高くなります。

(1)「新規契約 or のりかえ」でLibero S10を購入
(2)現在使っているスマホをSIMロック解除して使用
(3)調子が悪くなったらLibero S10にSIMカードを差し替えて使う

もちろん、そもそも機種を変えたい方は、(2)を飛ばしてすぐにLibero S10にSIMカードを使ってもかまいません。

Libero S10の購入をきっかけに、月々のスマホ料金も見直したい方は、ワイモバイルへののりかえを検討してみましょう。その方がLibero S10自体が安く購入できます。

端末の割引上限は2万円まで

電気通信事業法の改正で、2019年10月から端末の割引上限2万円にすると定められました。

そのため、端末の大幅な割引は期待できなくなりました。

ワイモバイルを検討している方は、端末代金だけでなく「月額料金」「回線速度」「サービス」など、総合的に判断して購入するのがおすすめです。

スポンサードリンク

Libero S10が買えるMVNOとMNO

総合的にコスパがいいワイモバイル

ソフトバンクの安定回線!店舗も全国展開で安心
ワイモバイルは、キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)のいいとこどりをした携帯電話事業者です。回線はソフトバンクの独自回線を使っているから、格安SIMよりも安定した速度の通信が可能。月額料金もキャリアより安く、コスパは抜群にいいです。また、全国に店舗を展開していて困ったときでも相談しやすいです。paypayやヤフー系のサービスでもワイモバイル加入者は、お得な特典があります。
メリット:おすすめポイント
ソフトバンク回線で速度が安定して速い
paypayやヤフー系のサービスでお得
全国に店舗を展開
回線
ソフトバンク
運営会社
ソフトバンク株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・スマホベーシックプランS(3GB):月額2,680円
・スマホベーシックプランM(9GB):月額3,680円
・スマホベーシックプランR(14GB):月額4,680円
※新規割による割引あり
家族割引 2回線目以降の基本使用料が毎月500円割引(最大9回線)
光回線割引 おうち割光セット(SoftBank 光またはSoftBank Airとセットで基本使用料割引)
通話 ・国内通話が1回10分以内無料
・国内通話かけ放題:スーパーだれとでも定額(有料)
サービス ・Yahoo!プレミアム無料
・故障安心パックプラス(有料)
・Enjoyパック(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 7(128GB・32GB)
・iPhone SE(128GB・64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

ワイモバイルは、月額料金が安いです。Libero S10を分割購入しても、料金 + 端末代で月々2,000円台から購入できます。

ソフトバンク回線で、通信も安定しているので、ドコモやau、ソフトバンクのキャリアから乗りたい方にもおすすめです。

中古ショップ

中古でLibero S10を購入する場合は、以下のショップをチェックしてみましょう。

イオシス

イオシスは、中古のスマホやタブレットを販売する専門店です。創業20年以上の実績があり、東京や大阪に店舗がある他、ネット通販でも購入できます。

・中古品を購入できる
・未使用品、SIMロック解除済Libero S10あり
・状態ランクあり

開封済ではあるものの「未使用」のLibero S10を販売されています。また、在庫数も豊富。状態を確認しながら、安いLibero S10を探せます。

ゲオオンラインストア

ゲオオンラインストアは、ゲオの公式通販です。ゲームやスマホ、家電、CD、DVDなどを購入でき、以下のメリットがあります。

・中古品を購入できる
・SIMロック解除済Libero S10あり
・状態ランクあり

ゲオの店舗でもゲームソフトやスマホなどの販売はありますが、通販でもLibero S10の中古品を安く購入できます。

Libero S10のスペック

一括購入代金1万円台から!格安のスマートフォン
5.7インチの大画面ディスプレイ、防水・防塵対応、約1300万画素と約200万画素のデュアルカメラ機能を搭載。SNSやネット、動画、アプリなど、最低限使える機能を求めるのであれば、コストパフォーマンスがいいスマホです。
メリット:おすすめポイント
5.7インチの大画面ディスプレイ
約1300万画素と約200万画素のデュアルカメラ機能
防水・防塵対応
発売日
2019年11月8日
メーカー
ZTE
ディスプレイサイズ 約5.7インチ
サイズ 約W73.2×H152.2×D8.4mmm
重さ 約165g
バッテリー容量 3,100mAh
CPU Qualcomm SDM450(オクタコア) 1.8GHz
ROM / RAM容量 32GB / 3GB
カメラ メイン:約1,300万画素/200万画素
サブ:約500万画素
対応外部メモリ microSDXC/ 最大512GB
カラー ホワイト、ネイビー、レッド

まとめ

ZTE「Libero S10」を購入できるのは、ワイモバイルのみです。

1万円台から購入できるとても安いAndroidスマートフォン。最低限の機能はついているので、ライトユーザーにおすすめです。

格安SIMを比較

以下ページで、格安SIM(MVNO)をタイプ別に比較できます。

おすすめ格安SIM総合 ドコモ回線
au回線 ソフトバンク回線
iPhone SEが使える

おすすめの格安SIM

以下ページで、格安SIM(MVNO)のお得な特徴やキャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

楽天モバイル 先着300万名様は1年間無料 キャンペーン詳細
ワイモバイル 10分以内の国内通話が無料!ソフトバンクの4G通信エリアで利用可能で安い キャンペーン詳細
UQモバイル 最大10,000円キャッシュバック!UQ家族割なら家族でお得 キャンペーン詳細
mineo 3つの回線から選べる!旧モデルのiPhoneも安い キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプションならYouTubeがデータ通信量の制限なし キャンペーン詳細
LINEモバイル LINEフリープランはLINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロ キャンペーン詳細
IIJmio(みおふぉん) データ容量を家族でシェアしてお得 キャンペーン詳細
イオンモバイル 選べる29種類の料金プランでスマホ料金を節約 キャンペーン詳細
公開日:
目次