billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

Yahoo!JAPANカードの審査と申込方法|大学生や主婦でも発行できる

Yahoo!JAPANカードの審査
Tポイントが貯まりやすくて人気のある「Yahoo!JAPANカード」の申し込み方法と審査について紹介します。

申込みにあたっての必要書類や届くまでの期間などの情報も記載しているので、これから申し込む人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.申込み資格

Yahoo!JAPANカードは、誰でも申し込めるわけではありません。以下の申込み基準があります。

・有効なYahoo!JAPAN IDをお持ちの方
・18歳以上で安定した継続収入のある方
・本人が無収入でも配偶者に収入のある方
・学生(高校生を除く)
※未成年者は有職・学生にかかわらず親権者の同意が必要です。
引用:Yahoo!JAPANカード公式サイト

この申込み基準であれば、主婦や学生でも発行できるチャンスがあるといえます。

申込みにあたっては、必ずYahoo! JAPAN IDが必要です。登録は無料です。Yahoo!メールやヤフオク、Yahoo!ショッピングなどを利用したことのある方は、そのIDでOKです。ない人は、この機会に作ってみましょう。

2.申し込み

Yahoo!JAPANカードの公式サイトより申し込みができます。年会費は、永年無料です。

Tカードとしても使えるため、Tポイントを効率よく貯めるためや2枚目のクレジットカードとしても発行しやすいですね。私もロハコやYahoo!ショッピングでポイントを貯めるために作りました。ちなみに、家族カードの年会費も無料です。

選べる国際ブランドは、JCB、MasterCard、VISAの3種類。JCBならnanacoにチャージすると、ポイントが貯まります。nanacoで税金の支払いをしたい人はJCBを選択しましょう。

スポンサードリンク

3.審査

Yahoo!Japanカードは、クレジットカードなので申込み資格を満たしていたとしても、審査に通らなければなりません。

審査期間については、最短2分で完了という驚異のスピードです。これは公式サイトでもうたわれています。

実際に、私が申し込んだときは、金曜日の23時頃に申込み。審査完了のお知らせがメールで届いたのは、翌朝土曜日の10時頃でした。2分ではなかったにしろ、他のカードと比較すると早い方です。

なお、審査の難易度について、情報を調べつくしたところ、かなり低いといえそうです。専業主婦でも審査に通った事例もあります。とはいえ、多重申し込みや安定収入にほど遠い人などは、注意が必要です。

4.本人様確認書類の準備

カードの受け取りには、本人様確認のための公的証明書類が必要になります。以下のいずれかを事前に用意しておきましょう。

■「佐川急便 受取人確認サポート」の場合
<公的証明書の具体例>
・運転免許証
・日本国旅券(パスポート)
・各種健康保険証(後期高齢者医療保険証・介護保険証も含みます。)
・各種年金手帳(年金証書も含みます。)
・在留カード
・特別永住者証明書
※配達員が書類を確認し、記載の「公的証明書番号又は交付年月日等」および「生年月日」を携帯端末機へ記録させていただきます。

■「郵便局 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」の場合
<公的証明書の具体例>
・運転免許証
・日本国旅券(パスポート)
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・個人番号カード 等

引用:Yahoo!JAPANカード公式サイト

5.カード到着

Yahoo!JAPANカード
お申し込みから1週間から10日程度で「佐川急便 受取人確認サポート」もしくは「郵便局の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」にて届きます。

受け取りには、前項で紹介した本人様確認書類も必要になります。配達員が宛名と本人様確認書類を照合して受け取り完了になります。

なお、忙しくて自宅で受け取れないという人は、郵便局の郵便窓口での受け取りも可能です。もしも、ポストに不在票が入っていれば手続きしましょう。私も仕事が終わってから郵便局に受け取りに行きました。

その際も、本人様確認書類と印鑑(サインでも可)が必要になります。

6.利用開始

カードが届いたら、裏面に署名をして利用開始です。すぐにでも使えるようになります。

Tカードを使えるようにする

なお、「カード会員サービスメニュー」から初回登録とTポイント利用手続きも行っておきましょう。利用手続きを行うことで、Tカードとしてポイントを貯めたり、使ったりもできるようになります。


また、別のTカードを持っていて、そのTカードで貯めたポイントをYahoo!JAPANカードに移行することもできます。今後は、Yahoo!JAPANカードを持っていれば、クレジットカードとTカードの両方の機能が使えるようになり便利ですよ。

支払い口座の登録

カードと一緒に口座振替依頼書が届きます。これにより、カードを利用した際に引き落とされる口座の登録を行います。必ず記入して返送しましょう。支払えない状態になり、滞納になる可能性があります。

一部、注意点があります。

カードご利用後、ご請求金額の仮確定までにお支払い口座の登録が完了しなかった場合、ご利用代金は銀行振り込みやコンビニエンスストアでのお支払い(所定の手数料がかかります)となります。
お支払日は、カードご利用日(ご利用明細に記載された売上日)の翌月27日(27日が土・日・祝日の場合は翌営業日)です。

引用:Yahoo!JAPANカード公式サイト

口座振替依頼書を返送後、登録されるまで約1ヶ月ほどかかります。その期間中に利用した代金は、引き落としではなく、銀行振込やコンビニでの支払いになります(コンビニは30万以内の支払い)。

支払い用紙と請求金額は、郵送で自宅に届きます。私はうっかり見逃していて、後日、ワイジェイカードより電話がかかってきました。

ワイジェイカード「お支払いがまだのようですが支払い用紙は届いているでしょうか?お支払いの期日を過ぎていますので、早急にご確認後、お支払いをお願いします」

私「わかりました。見逃していたので、家に帰って確認したらすぐにコンビニで支払います」

ワイジェイカード「いつ頃に支払いできますでしょうか?」

私「今晩にでもすぐに支払いにいきます」

ワイジェイカード「わかりました。では、明日までということにしますので、お願いします」

と、このようなやりとりがありました。実際、家に帰ると郵便物が届いていて、完全に見落としてました。クレジットカードは何枚か保有していますが、はじめてのケースだったので意識がなかったです。

私のようにならないよう、注意してください。コンビニ払いなら、手数料無料ですぐに支払えます。

以上が申し込みから審査、カードが届くまでの流れになります。

Yahoo!JAPANカードは、ロハコでTポイントが貯まりやすいのと、Tカードとしての利用価値も高く重宝しています。Tポイントを貯めたいなら、このクレジットカードは間違いないですよ。

メリットや特長については以下のページにまとめました。