billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

USJのチケットを格安で買う7つの方法|入場料を安くお得に!

USJ
「入場料が高すぎる!」

どんどん値上がりしているUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のチケット。いざ家族で行こうと思うとチケット代だけで、2〜3万円かかることもあります。私は大阪に住んでいるので、子供と気軽に行きたいのですが、どうしても金銭面で躊躇してしまいます。

そこで、USJのチケットを格安で購入する方法を徹底的に調べました。結論からいうと、まともに使えそうな方法は以下の7つの方法しかありません。

・Clubユニバーサル会員限定割引
・ユニバーサル年間パス
・ユニバーサル年間パス・プラス
・ユニバーサル年間パスの同伴者割引
・VISA提携カード会員限定割引
・トワイライト・パス
・2デイ・スタジオ・パス

USJはチケットの価格管理にめちゃくちゃ厳しく、他のテーマパークのように割引が少ないんですよね。なので、チケット探しに時間を浪費してしまわないよう、その辺りの情報も記載します。

このページでは、USJのチケットを格安で買う方法のそれぞれのメリットやデメリット、それに注意したいことを紹介します。

※価格は2016年10月の情報です。変更になることもございます。

スポンサードリンク

USJのチケットの基本料金

まずは、ほとんどの人が購入するであろう基本的なチケット「スタジオ・パス(1日券)」についての基本料金です。

▽スタジオ・パス(1日券)
大人[12歳以上]:¥6,852(税込¥7,400)
シニア[65歳以上]:¥6,158(税込¥6,650)
子ども[4~11歳]:¥4,612(税込¥4,980)

このように、年齢によって料金が異なります。3歳以下は無料です。夫婦と子ども2人の4人家族の場合、以下の料金になります。

大人:¥7,400×2=¥14,800
子ども:¥4,980×2=¥9,960
合計 24,760円

なかなかの金額になりますよね。さらに、交通費、飲食代、お土産代や別途料金が必要なツアー、待ち時間を短縮できるエクスプレスパスまで買ってしまうと、3万〜5万円くらいはかかってくるでしょう。さらに、関西圏以外だと宿泊費もかかり、あっという間に10万円コースです。

とはいえ、せっかくのUSJですからとことん満喫したいですよね。次項からは、この基本料金を基準にして、格安でチケットを買うとどれくらい安くなるのかをみていきましょう。

チケットを格安で買う7つの方法

Clubユニバーサル会員限定割引|最も手軽で安い!

Clubユニバーサル会員限定割引
最も実現可能な、おすすめの方法がClubユニバーサル会員の割引です。無料の会員登録をすれば、Clubユニバーサル会員の本人、および登録している家族の誕生月とその翌月の2ヶ月間が以下の料金になります。

▽1デイ・パス(1日券)
大人[12歳以上]:¥6,389(税込¥6,900)
子ども[4~11歳]:¥4,241(税込¥4,580)

差額(大人):¥7,400-¥6,900=¥500も安い!
差額(子ども):¥4,980-¥4,580=¥400も安い!

2デイ・パスと4歳バースデー・インビテーション・パス(4歳の誕生日を迎える子どもの誕生月とその翌月の2ヶ月間)割引もあり。

メリット

・会員登録(無料)をするだけで割引になる
・1日だけ(または2日間)の利用でも割引率が高い

デメリット

・誕生月の制限があり、いつでも安いというわけではない

ユニバーサル年間パス|1年に3回以上行くなら断然お得!

ユニバーサル年間パス
何度もUSJに行くなら年間パスがお得です。除外日ありのユニバーサル年間パスであれば、3回以上行けば、元は取れる計算になります。

▽ユニバーサル年間パス
大人[12歳以上]:¥20,186(税込¥21,800)
子ども[4~11歳]:¥14,630(税込¥15,800)

除外日なしのユニバーサルVIP年間パスなら5回以上行くと元はとれます。

▽ユニバーサルVIP年間パス
大人[12歳以上]:¥30,371(税込¥32,800)
子ども[4~11歳]:¥18,334(税込¥19,800)

大阪に住んでいる私の友人は、年間パスを買って公園感覚でUSJに遊びに行っているそうです。年間パスがあれば、朝から気合いを入れなくても、夜だけとかパレードだけ見るといった楽しみ方もできますよね。

また、最近では12回の分割払いでも買えるようになり、手を出しやすくなりました。しかし、年間支払総額はやや高くなるので注意してください。

また、年間パスには、同伴者割引や駐車場割引、エクスプレス割引などの特典がついています。同伴者割引についてはお得度が高いので、次項で詳しく紹介します。

メリット

・1年間に3回(VIPは5回)以上行くのであればお得
・同伴者5名まで割引
・誕生月なら同伴者5名までさらに割引
・駐車場が1,000円割引(指定日あり)
・誕生月ならシネマギャラリー5%割引
・ユニバーサル・スタジオ・ツアー10%割引
・お得なメルマガ
・レザートリーティ10%割引

デメリット

・複数3回(VIPは5回)以下しか行けないなら損

ユニバーサル年間パス・プラス|ポイントを使って割引!

ユニバーサル年間パス・プラス
年間パスにクレジットカードの機能がついているのが「年間スタジオパス・プラス」です。プラスは通常のパスよりも特典が豊富です。

クレジットカードの利用額に応じて貯まるポイント(0.5%還元)は、1ポイント=¥1として次年度の年間パス更新価格から割引になります。

また、ステージボーナスでは、年間利用金額に応じて、ユニバーサル・エクスプレス®・パスやパーク貸切イベント参加権などがもらえます。

とはいえ、どうしても欲しいステージボーナスのプレゼントがない限りは、そこまで大きなメリットはありません。ポイントを貯めるだけなら、還元率1%の楽天カードYahoo!JAPANカードで支払って、楽天スーパーポイントやTポイントや貯めることもできますので。

それに、¥1,250+税の年会費もかかります(マイ・ペイすリボを選択すると無料)。

メリット

・ポイントが貯まる
・ステージボーナスで特典プレゼント

デメリット

・年会費がかかる
・他のクレジットカードでポイントを貯めた方がお得な場合も

ユニバーサル年間パス同伴者割引|一緒に行って大幅割引!

ユニバーサル年間パス同伴者割引
年間パスの保有者(本人)の同伴者は、5名までなら割引価格でスタジオ・パスを購入できます。

▽通常
大人[12歳以上]:¥6,482(税込¥7,000)
子ども[4~11歳]:¥4,334(税込¥4,680)

差額(大人):¥7,400-¥7,000=¥400も安い!
差額(子ども):¥4,980-¥4,680=¥300も安い!

さらに、年間パス保有者の本人が誕生月なら、割引額が大きくなります。

▽誕生月
大人[12歳以上]:¥5,741(税込¥6,200)
子ども[4~11歳]:¥4,149(税込¥4,480)

差額(大人):¥7,400-¥6,200=¥1,200も安い!
差額(子ども):¥4,980-¥4,480=¥500も安い!

もしも、友達や家族の誰かが年間パスを保有していれば、一緒に行くことで大幅な割引価格で入場できます。

この特典を利用すれば、家族全員が年間パスを購入せずとも、たまにしか行かない、おじいちゃんやおばあちゃんも安く入場できます。他にも、平日でも利用しやすいお母さんと子どもは年間パスで、土日しか行けないお父さんはスタジオ・パスを割引で、といった方法もとれますね。

メリット

・年間パス保有者の同伴者が大幅割引
・家族や友達が年間パス保有者なら便乗できる

デメリット

・ユニバーサル年間パス保有者がいなければ使えない

VISA提携カード会員限定割引|いつでも安い!

VISA提携カード会員限定割引
WEBチケットストアで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®VISAカードで決済すると、割引きで購入できます。

大人[12歳以上]:¥6,510(税込¥7,030)
子ども[4~11歳]:¥4,380(税込¥4,730)

差額(大人):¥7,400-¥7,030=¥370も安い!
差額(子ども):¥4,980-¥4,730=¥250も安い!

割引額は大きくありませんが、誕生月以外でも安くなるのは強みです。だだし、このクレジットカードは初年度年会費無料ですが2年目からは1,250円+税の年会費がかかります。

メリット

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®VISAカードで決済するだけでなのでお手軽
・いつでも割引価格で購入できる

デメリット

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®VISAカードが必要
・割引額が少ない

トワイライト・パス|夕方以降入場で安い!

トワイライト・パス
午後3時から入場の半日券なら、以下の料金になるチケットが販売されていることがあります。

▽クリスマス・トワイライト・パスの場合
大人[12歳以上]:¥5,371(税込¥5,800)
子ども[4~11歳]:¥4,075(税込¥4,400)

差額(大人):¥7,400-¥5,800=¥1,600も安い!

このようなチケットが期間限定で発売されています。USJの営業時間はおよそ午後8時から9時まで(日によって異なる)。アトラクションに乗れる回数は減りますが、夜のショーは楽しめますね。

メリット

・通常の1日券より価格が安い
・夜だけ楽しみたい人におすすめ

デメリット

・夕方以降(午後3時)しか入場できない
・期間限定で内容が異なる

2デイ・スタジオ・パス|2日連続なら最も安い!

2デイ・スタジオ・パス
旅行やイベント期間中でとことん楽しみたい方は、2日連続で入場できる2デイ・スタジオ・パスがお得です。

▽2デイ・スタジオ・パス
大人[12歳以上]:¥11,528(税込¥12,450)
子ども[4~11歳]:¥7,797(税込¥8,420)

差額(大人):¥14,800(¥7,400×2)-¥12,450 = 2,350円も安い!(一日あたりなら¥1,175)

一日あたりの割引額でいうとかなり大きいです。2日続けて遊ぶなら、2デイ・スタジオ・パスが間違いなく安いです。

Clubユニバーサル会員であれば、さらに安くなります。

▽2デイ・スタジオ・パス(Clubユニバーサル会員)
大人[12歳以上]:¥10,602(税込¥11,450)
子ども[4~11歳]:¥7,241(税込¥7,820)

差額(大人):¥14,800(¥7,400×2)-¥11,450 = 3,350円も安い!(一日あたりなら¥1,675)

メリット

・割引額が大きい

デメリット

・2日連続での入場が必要

スポンサードリンク

期待しても安くならない!格安チケット購入で注意したいこと

以下の方法は、格安チケット探しに慣れている人なら誰でも思いつくことです。しかし、USJに限っては安くならないので、期待せずにみてください。

宿泊とセットなら安く買えるの?

USJの提携ホテルでは、ホテル内でチケットを買うことができます。もしくは、宿泊プランにセットになっていることもあります。セットだとチケット料金が安くなることを期待しますよね。しかし、残念ながらチケット料金は同じです。提携ホテルだからといって、安くはなりません。

提携ホテルでチケットを買うメリットは、ゲートに並ばなくてもホテルでチケットが買えるのと、限定グッズやアニティがもらえる(プランによる)ことです。また、USJまでの距離が近いのと、何よりUSJの世界観が寝る直前まで堪能できるといった価値があります。

旅行予約サイトを使えば、安いプランやポイントを使えるため宿泊費を安くおさえられますよ。詳しくは、以下ページにまとめました。

福利厚生サービスを使えば安く買えるの?

ベネフィットステーションやJAFの優待では、テーマパークやレジャー施設の割引クーポンが配布されています。「もしかしたらUSJもあるかも!」と思って期待しますよね。しかし、残念ながら今のところUSJはありません。手間がかかるわけではないので、都度、探してみるのですが私は見たことがないです。

金券ショップやヤフオクでの購入に注意!

USJでは2015年11月1日(日)入場分より、転売者が販売したチケットについてQRコードが無効化されました。つまり、転売が禁止されています。

ネットオークション(ヤフオクなど)やチケット売買サイト(チケットキャンプなど)、金券ショップなどで、第三者から購入したチケットについては十分に注意しましょう。むしろ、いくら安くても買わない方が無難です。チケットについての規制はかなり厳しいので、入場できなければ大損してしまいます。

まとめ

最も割引額が大きく、使う人を選ばないのがClubユニバーサルの割引です。誕生日月の制限はあるものの、登録(無料)しておいて損はないでしょう。

いつでも割引を受けたいならVISAの提携カード会員限定割引です。割引額は少ないものの手堅く割引になります。ただし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®VISAカードを保有しなくてはならないため、年会費に注意してください。

年間パス、トワイライトパス、2デイ・スタジオ・パスは、用途によっては格段に安くなります。近くに住んでいて、何度も行けるのであれば、やはり年間パスが最強です。同伴者も安くなりますから、普段行かない人を誘っても喜ばれます。