billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

梅田で気軽に海鮮丼を味わえる「堂島とろ家」

堂島とろ家の海鮮丼
大阪梅田にある、まぐろを中心とした海鮮丼の専門店「堂島 とろ家」に行ってきました!今回紹介するのは、堂島にある居酒屋「とろ家」ではなく、阪急三番街にある2号店のほうです。こちらは、居酒屋と違って食事主体で、気軽に海鮮丼を味わえます。

スポンサードリンク

アクセス

外観
お店は阪急三番街の地下2階にあります。阪急電車梅田駅のちょうど真下ですね。そのためアクセスは良好です。多くの飲食店が建ち並んでいて、慣れていないと複雑なため案内図を見て進みましょう。

店内

夕方頃に到着。ほぼ満席で常時お客さんが出たり入ったり。とても流行っているようです。派手な外観につられて入ってくるような人もちらほら。確かに牛丼チェーンのように少人数でも気軽に入りやすい雰囲気のお店です。

店内
店内は32席と広く、カウンターとテーブルがバランスよく配置され、一人でもグループでも入りやすくなっています。女性一人のお客さんもいましたよ。

スポンサードリンク

メニュー

メニュー
お店の看板には、「まぐろ・とろ専門」と書かれていますが、どんぶりを中心にバラエティ豊かな海鮮食材を楽しめます。

まぐろ系・・・とろ家名物 ぶつ切りまぐろ丼、まぐろづくし丼、まぐろとサーモンのたたき丼、まぐろソースカツ丼など。
その他海鮮・・・荒波海鮮丼、サーモン二種炙り丼、七種の海鮮ユッケ丼、鰻と穴子の合盛炙り丼など。

週替わりメニュー
週替わりメニュー・・・とろ家定食、とろ家丼(内容は黒板にのっています)

このように、とにかく種類が豊富で選ぶのも楽しいです。どのメニューも1,000円前後のお値段となっています。

週替わりメニュー「とろ家丼」を注文!

週替わりメニュー「とろ家丼」
かなり迷いましたが、いろんな具材を楽しめるとろ家丼を食べてみました。セット内容は、海鮮丼とオクラの小鉢、わかめのお吸物、漬物。お吸物とわさびはおかわり無料です。

食べ方
このお店の特長は食べ方にあります。箸袋に書かれていたのは以下。
一、丼タレにわさびを溶かし海鮮の上にかけてお召し上がりください。
二、別皿の一品は、お好みのタイミングで丼に混ぜてお召し上がりください。
三、余らせたご飯に汁物をかけ、お茶漬け風にしてお召し上がりください。

とろ家丼
この順序に沿うべく、特性のタレをかけて、とろ家丼から食べていきます。具材は、週替わりで内容が変わります。今週は、マグロ、サーモン、イカ、焼きあなご、ビントロ、とろろ、明太子サラダ、たまごと8種類もの具材がごはんに盛り付けられています。

とろ家のネタは、各漁港から毎日新鮮なものを仕入れているとのこと。お値段がリーズナブルなこともあり飛び上がるほどおいしくはないですが、味、鮮度、厚み共に安っぽさもありません。どのネタもおいしくいただきました。

こだわり
ごはんは国産100%のきぬひかりを使用しています。大盛り無料でした。

オクラを混ぜる
次に小鉢のオクラを丼に混ぜます。とろろが入っていることもありネバネバ丼へと変化しました。タレとの相性がよく、ごはんをかき込めます。

お吸物をかける
そして最後に、ほどよく塩味のきいたわかめのお吸物をかけて完食です。海鮮丼は具を食べた後に、ごはんが残ってしまうことがあるので、最後まで楽しめる工夫が感じられました。

基本情報

堂島とろ家 阪急三番街店
大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 B2
TEL:06-4256-8033
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休 (阪急三番街に準ずる)

※2014年12月の情報です。営業時間や価格などの情報は変更になる場合がございます。

まとめ

とろ家の最大の利点は気軽に立ち寄りやすいところです。梅田でささっと食事をすませる選択肢として、海鮮丼はいかがでしょうか。

こんな記事もオススメです!