billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

TwitterのFollow Badge利用者は注意。ページの表示速度を遅くしている原因かも


管理しているブログの表示速度が、極端に遅くなりました。完全にページを開くのに30秒以上かかってしまいます。

調査して分かった原因は、以前、流行したTwitterのFollow Badgeのコードに書かれているJavaScriptの読み込みでした。


Follow Badgeは、スクロールしてもブラウザの同じ位置に貼り付いているフォローを促すボタンです。ブログでよく見かけましたね。

これを表示させているコードを削除することで、表示速度が遅い問題が解決しました。どうやらそのJavaScriptのサービス終了がしたか変更されたようですね。

もし、Follow Badgeを使用しているならば、疑ってみてください。

念のため詳細な手順も書きますので、使用している覚えのある人はチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

原因の調査と解決方法

Safariで、表示速度の遅いページを開いて、メニューのウインドウ/構成ファイル一覧を見ます。


すると、

http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js

というアドレスに対して、赤文字で「ネットワークの接続が切れました」とのエラーが。このJavaScriptは、TwitterのFollow Badgeを使用する際に読み込まれるコードです。

このJavaScriptにアクセスするとページがない状態になります。おそらくサービス終了したか変更になったものでしょう。

このJavaScriptは、Follow Badgeを表示するのに必要です。そもそも、これがなくなったことにより、Follow Badge自体が表示されなくなっていると思います。

もう機能しませんので、Follow Badgeを表示させているコードを削除しましょう。

記述場所は、bodyの閉じタグ直前。以下のようなコードです。

<script src='http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js' type='text/javascript'></script>
<script type='text/javascript' charset='utf-8'><!--
tfb.account = '×××××××××××';
tfb.label = 'follow-us';
tfb.color = '#35ccff';
tfb.side = 'r';
tfb.top = 136;
tfb.showbadge();
--></script>

このコードにエラーとなっていた、

http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js

が記述されていますよね。

削除後、ページを確認すると無事に本来の速度で表示されました。

まとめ

WordPressなどのブログやサイトで、TwitterのFollow Badgeを使っていて、表示が遅くなったなぁと感じているなら、これが原因かもしれません。