billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

【東京⇔大阪】最強に安い!新幹線の予約と格安チケット

新幹線と富士山
新幹線のチケットって高いですよね。

東京・品川⇔新大阪なら往復で、30,000円近くかかります。家族旅行であれば、交通費だけで10万円近くかかることもあるでしょう。

それでも、新幹線は、
・東京の中心部から大阪の中心部へ一直線
・到着スピードが早い
・本数が多い
・すぐに乗れる
・ベビーカーでも入れる
というメリットがあり、高速バスや格安航空券といった安い交通手段と比較しても利用価値の高い交通手段です。なので、できるだけ安くチケットを購入して、格安で利用したいところですよね。

今回は、東京から大阪、または大阪から東京への新幹線の予約と格安チケットの比較、購入方法を紹介します。

スポンサードリンク

最安値はどれ!?格安チケットの比較

新幹線
新幹線を格安で利用する方法はいくつもあります。それぞれ、どれくらい料金に違いがあるかをまとめました。

ここでは、東京⇔新大阪の普通指定席(大人1名)の場合です。通常料金は、14,450円でそれに対する差額です。
(指定席の場合、繁忙期は+200円、閑散期は-200円)

サービス名 料金 通常料金との差額
新幹線+宿泊セットプラン 例:21,000円(新幹線往復チケット+宿泊)※宿泊先によって異なる 7,900円+宿泊付き!
ぷらっとこだま 10,300円 4,150円
エクスプレス予約(IC早特タイプ21) 11,000円 3,450円
エクスプレス予約(EX-IC) 13,370円 1,080円
金券ショップ 約13,450円※ショップによって異なる 1,000円

結論から言うと、東京⇔新大阪間で、最も割引率が高い購入方法は、日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セット」です。

宿泊とセットにはなりますが、ホテルによっては約10,000円も安くなり、実質、宿泊代が無料になるほどのインパクトがあります。家族旅行はもちろん、出張でも交通費と宿泊代を大幅に節約できますよ。宿泊予定であれば、最強におすすめです。

宿泊しない場合は、ぷらっとこだまが安いですね。「こだま」のため時間がかかるのと、疲れるのがデメリットですが、安く利用したいのであれば、選択の余地はあるでしょう。

公式サイトを見る:JR東海ツアーズ

このように、料金の安さ以外にもメリットやデメリットもあるので、特長と詳細は次項にまとめました。

東京⇔新大阪の通常料金

東京
比較しやすいように、通常料金もみておきましょう。

通常料金

特急券(自由席)4,870円 + 運賃8,750円 = 13,620円
特急券(指定席)5,700円 + 運賃8,750円 = 14,450円
特急券(グリーン席)10,480円 + 運賃8,750円 = 19,230円

特急券+運賃が、新幹線に乗るための料金になります。

料金は、「のぞみ」でも「ひかり」でも「こだま」でも同一料金なんですが、のぞみの特急券(指定席)のみ数百円だけ高くなります。

こども料金

年齢によって以下のような区分があります。

おとな:12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども:6歳以上12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼児:1歳以上6歳未満
乳児:1歳未満

こどもの乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額、「幼児」、「乳児」は無料です。

しかし、グリーン席の利用など必ずしも該当しない場合もありますので、詳しくは、JRおでかけネット(JR西日本)をご覧ください。

繁忙期と閑散期

なお、指定席の場合、繁忙期は+200円、閑散期は-200円になります。

▽閑散期
1月16日から2月末日・6月・9月・11月1日から12月20日の期間の月曜日から木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除く)

▽繁忙期
3月21日から4月5日、4月28日から5月6日、7月21日から8月31日、12月25日から1月10日

▽通常期
閑散期、繁忙期以外の日

東京駅と品川駅は同一料金

なお、東京駅と品川駅は、どちらで乗り降りしても同一料金になります。東京・品川⇔新大阪という表記を見るのはそのためですね。

スポンサードリンク

各予約・購入方法のメリットとデメリット

新幹線の座席

JRでの予約・購入

当日に駅で買うのであれば、みどりの窓口・みどりの券売機で購入できます。

料金に関しては、普通に購入すれば通常料金ですが、往復割引や学割、団体割引、回数券などがあります。

詳しくは、JRおでかけネット「きっぷのルール」をご覧ください。

ネットでの予約であれば、JRおでかけネットや次に紹介するエクスプレス予約を利用しましょう。

エクスプレス予約:早めの予約で安い!

JR東海とJR西日本が運営する会員制のネット予約サービス。早特などいくつかのプランがあり、365日安く買えます。また、予約変更手数料無料やキャンセル料が310円など、いざというときにも安心です。

料金:こんなに格安!

プランは「基本乗車プラン」と「早特」に分けられます。

▽基本乗車プラン
【EX-IC、e特急券、EXきっぷ】
割引率は低いですが、乗車当日まで予約できます。

EX-IC→指定席:13,370円、グリーン車:18,140円

▽早特
【IC早特タイプ21、こだま☆楽旅IC早特、一緒に☆こだま早特、EXファミリー早特、IC早特】
早めに予約することで、大幅な割引になります。

IC早特タイプ21→指定席:11,000円

また、利用区間に応じてポイントが貯まり、一定ポイントが貯まるとグリーン車を普通車指定席の料金で利用できます。

メリット

・スマートフォンやパソコンで予約可能。
・チケットはICカード
・365日安い
・乗車日当日の予約でも安い
・ポイントが貯まると普通車指定席の料金でグリーン車に乗れる
・予約変更しても手数料無料
・キャンセル料がいつでも310円

デメリット

・会員制のためクレジットカードの入会が必要

公式サイトを見る:エクスプレス予約

ぷらっとこだま:事前予約でこだまが安い!

JR東海ツアーズのプラン。こだまに限定されますが、東海道新幹線(東京駅、品川駅、新横浜駅、静岡駅、浜松駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅)の新幹線チケット(指定席)を格安料金で購入できます。

また、1ドリンク引換券がついてくるのもうれしいです。

料金:こんなに格安!

東京⇔新大阪では以下の料金になります。おとなは通常期と繁忙期で料金が異なりますが、こどもは同一料金です。

・通常期(2016/6/1~8/10、8/21~12/27、2017/1/7~3/10)
・繁忙期(2016/8/11~20、12/28~2017/1/6)

おとな(通常期)10,300円
おとな(繁忙期)11,800円
こども 7,000円

また、+1,500円でグリーン車にも乗車できます。

メリット

・グリーン車も安い
・乗車時間を選べる
・指定席
・1ドリンク引換券付き

デメリット

・こだまのみ
・途中乗降不可。
・予約後の変更は不可。取り消し扱いになる。

公式サイトを見る:JR東海ツアーズ

金券ショップ:当日ならお得!

駅の近くや繁華街にある金券ショップでも、新幹線の格安チケットを取り扱っています。

新幹線の回数券をばら売りしているため安くなっている場合が多いです。自由席、指定席、グリーン車の取り扱いもあります。

料金:こんなに格安!

どのくらい安くなるかは、ショップや区間によりますが、例えば、東京⇔新大阪では約1,000円前後安くなります。当日でも購入・使用できるメリットはありますが、割引率は大きくないため、事前に予約購入するのであれば、他の割引方法の方がお得です。

また、利用期間が決まっていたり、年末年始など使えない日もあったりと制限もあるので注意しましょう。

メリット

・当日でも購入して使える
・片道でも購入できる

デメリット

・金券ショップが近くにない
・格安チケットが販売されていない区間あり
・利用期間(通常3ヶ月)が決まっている
・GW、お盆、年末年始など使えない日がある
・他の割引サービスの方が安いかも
・クレジットカード払いができない場合が多い

JR・新幹線+宿泊セット:宿泊とセットで安さ最大級!

旅行会社大手の日本旅行が販売する新幹線の往復チケットと宿泊がセットになったプラン。よくある旅行会社のツアーではなく、新幹線のチケットと宿泊予約が同時にできる、というだけの便利なサービス。現地ではずっと自由時間です。

そのため、出張でも旅行でも利用できます。「交通手段と宿泊先だけ確保して、好きなように観光地を巡ろう」という人におすすめです。

料金:こんなに格安!

通常であれば、新幹線と宿泊(ホテルや旅館)は別々に予約しますよね。新幹線のチケットなら当日に駅で購入する人も多いでしょう。

それを、セットで予約することで、新幹線を特別割引運賃で利用できるようになります。

ホテルや発着駅によりますが、概ね10,000円前後も安くなりますよ。割引率なら最も格安。

例えば、東京のとあるビジネスホテルは、宿泊代(1泊)+新幹線チケット(ひかり往復)付きで27,300円です。片道(指定席)が通常14,250円ですから、往復で28,500円。1,200円も安いうえに宿泊がついてこのお値段です。宿泊を考えているなら、絶対にお得ですよ。

メリット

・ホテルとセットで安い
・発着駅、ホテルは全国
・出発3日前まで予約OK
・チケットは送料無料で自宅へ郵送してくれる

デメリット

・2名以上、往復同一行程(発着駅・利用列車)でしか利用できない
・宿泊することが前提

なお、「パッと乗レール」なら同じ内容でも、直前(出発2日前17時)までの予約が可能です。チケットは、前日・当日にJR内の店頭で受けとります。

公式サイトを見る:パッと乗レール

まとめ

宿泊するなら「JR・新幹線+宿泊セット」、チケットのみなら「ぷらっとこだま」が安いですね。のぞみなら、エクスプレス予約を利用するのもいいでしょう。

新幹線の格安チケットは「割引率」「時間」「予約」を基準に考えると、あなたにとって最良のチケットを見つけることができますよ。

関連記事

大阪おでかけ情報

当サイトでは、大阪の遊び場やグルメ情報を豊富に紹介しています。レジャー施設のレポート記事やお得な情報もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。