billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

WordPressにおすすめしたいレンタルサーバー


ブログやサイトをWordPressで構築するには、レンタルサーバーが必須です。

もちろんコストはかかりますが「WordPressと無料ブログはどちらを選ぶのが正しいのか」でも比較した様に、表示が高速になったり、自由度の高いレイアウトができたりと、無料ブログでは実現できないことも可能になり、ユーザビリティの向上が期待できます。

今回は、サーバー選びのポイントをふまえて、おすすめしたいレンタルサーバーを紹介します!

スポンサードリンク

サーバー選びのポイント

まずは、WordPressを構築する上でおさえておきたいサーバーの条件をまとめました。どんなサーバーでもWordPressが動くわけではないので、以下を参考にしてください。

PHPとデータベースが使える

WordPressは、PHPとデータベース(MySQL)で構築されていますので、両者が使える事は必須です。サーバーによっては使えないところや、データベースの数が制限されていることがありますので、契約する前にプランをよく確認してください。

PHPのセーフモード

PHPのセーフモードが、「オン」になっていると一部の機能に制限が生じます。PHPのセーフモードが「オフ」になっているサーバー、もしくは、「オフ」に切り替える事ができるサーバーを選びましょう。

詳しくは、セーフモードによる制限と対処方法を参考にしてください。

安定性

サーバーは、多くのアクセスが集中すると、落ちます。つまり、たくさんのユーザーが見に来てくれているのに、ページが表示されなくなるのです。

とてももったいないので、いつチャンスがきても安定して動作するサーバーを選んで下さい。

また、ユーザーにストレスをあたえないために、ページの表示速度も重要です。スマートフォンでの利用が急激に増えていることもあり、表示速度が遅いと、せっかくのユーザーを逃してしまいます。

価格

月額料金は、数百円から、数千円まで幅広いです。年間契約にすると安くなるサーバーもあります。基本的には、価格が高い方が、安定した運用ができますので、用途に応じて安かろう悪かろうにならないよう注意してください。

サポート

障害が起こった時でも、電話サポートや24時間体制のサポートで、すぐに連絡が取れるサーバー会社の方が信頼できます。

セキュリティ

不正アクセスや改ざん等、サーバーを狙った攻撃は人ごとではありません。セキュリティにも力を入れているサーバーがおすすめです。

バックアップ

WordPressは、PHPファイル以外に、データベースにデータが蓄積されます。データベースのデータは、ローカルには保存していないケースがほとんんどかと思いますので、何かしらの原因でデータが吹き飛ぶと再現できなくなります。

自分で定期的にバックアップをとることは必須ですが、サーバー側でバックアップをとってくれるサービスもありますので、保険の意味で活用してもよいかと思います。

おすすめのレンタルサーバ

上記のサーバー選びのポイントをふまえておすすめしたいサーバーを紹介します。

エックスサーバーX10




わかったブログさんENJILOGさんlove-guavaさんなどなど、非常に多くの人気ブロガーが使っているサーバーです。当ブログもエックスサーバーですが、約半年運用してみて今のところ全く不満はありません。

データ自動バックアップサービスに加え、24時間365日サポート対応、稼働率99.99%の抜群の安定性など、気に入ってます。高速化機能の充実化を随時行っているのもうれしいですね。

しかも、僕が申込みした時は、ドメイン無料キャンペーン中だったので、かなりお得でした。キャンペーンは、定期的に行われていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

X2




SEOの教科書ともいえるバズ部さん推奨のX2。X10よりもワンランク上のレンタルサーバーです。多少コストは上がりますが、CGIやPHPなどを格段に高速化するXキャッシュやMySQL無制限などのメリットがあります。月間100万PV程度のアクセスでも安定して動作するようです。

wpX




WordPressに特化した高速サーバです。だた、制約があってwp-content/ 配下のファイルがさわれませんので、WordPressの全てのファイルや、静的サイトを作る事ができません。WordPressのみを、高速に運用したい場合におすすめです。

シックスコア




ビジネス向きのプランで、X10、X2に比べ、セキュリティと安定性をさらに高品質化しているのが特徴です。ただし、価格の割にX10よりも容量やMySQLの数などが、劣りますが、ビジネス用に、セキュリティ重視の場合には期待できます。共有サーバーに加え、専用サーバーのプランもあります。

スポンサードリンク

価格の安さで選ぶ

とにかく月額費用を安くおさえたいというケースもあるかと思いますので、金額の安さ重視の場合も紹介します。上記で紹介しましたサーバー選びのポイントは満たせていない場合がありますので、ご注意ください。

さくら スタンダードプラン




マザーズに上場している、さくらインターネット株式会社。知名度は抜群です。一番安価なライトプランは、MySQLが使えないため、WordPressが構築できません。スタンダードプラン以上にしましょう。

ロリポップ




月額数百円と安いです。ただ、昨年WordPressを狙った改ざん事件がありました。どのサーバーにもいえることですが、WordPressを最新のバージョンにする、バックアップをとるなど、セキュリティには自分自身でも気をつけましょう。

一番安価なコロリポプランは、MySQLが使えないため、WordPressが構築できません。ロリポプラン以上にしましょう。

まとめ

今回おすすめしたX10、X2、wpX、シックスコアはすべてエックスサーバー株式会社のレンタルサーバーです。重要なポイントを上手くおさえたWordPressの運用に適したサーバー会社ともいえますね。ハッキングにも強いと評判ですし、高速化への取り組みを随時行っているところにも好感が持てます。

ただし、ロリポップのところでも書きましたが、セキュリティに関してはどんなに強固なサーバーでも何が起こるか分からないので、自分自身でも身を守りましょう!特にバックアップは最重要です!

こんな記事もオススメです!