billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

めっちゃ美味しい通販のお米ランキング!実際に何度もリピートしているおすすめ紹介

通販のおいしいお米 実食ランキング
我が家では、ほとんどの場合、ネット通販でお米を買っています。重たいお米を玄関まで運んでくれるので楽なんですよね。

しかし、「通販のお米っておいしいの?」「価格が高そう」と思われるかもしれませんが、むしろその逆。

スーパーやドラッグストアのお米よりも安くて、味、品質も確かなお米を買うことができます。

今回は、我が家で実際に購入して食べたことのあるネット通販のお米を紹介します。「はじめて買うので不安」という人は参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

通販で買えるおすすめのお米ランキング

我が家でお米を買う時は以下を基準にしています。

・30kg
・送料無料
・安い(1万円以下)
・単一原料米
・商品の説明がしっかりとしている

つまり、安くておいしそうということです。

おいしいの基準は、普通に食べられること。チェーン店とかファミレスとかで、可もなく不可もなく食べているような味です。私は過去に 「おえっ!」っとなるくらいまずかったお米と出会ったことがあるのですが、そういうのはないので安心してください。

なお、飛び上がるくらいの美食を求めるのであれば、ゆめぴりかやつや姫、ヒノヒカリといった高級ブランド米がよいと思います。

価格に関しては、同じお米でも季節や年によって価格は異なります。そのときにいろいろ見て、30kgでおよそ7,000円~9,000円台のお米を買ってます。10kgあたり2,000円~3,000円台なのでスーパーで買うのと同じか、それ以上に安いです。

まとめて30kg買う方が安いので、お弁当をよく作ったり食べ盛りのお子さんがいるご家庭では、コスパのよさを感じてもらえると思います。我が家も子ども(4歳)がよく食べるようになってきたのと節約のために重宝しています。

メリットと選び方について、詳しくは以下ページにまとめました。

それでは、おすすめのお米を紹介していきます。

純米処 瑞穂の国【3回リピート】

山形県産 はえぬき 30kgは、はじめて通販で購入したお米です。食べてみて「あぁこれで十分おいしいわ」と妻と納得して、連続で3回リピートしました。通販でお米を買うようになったきっかけになったお米です。

お米は「はえぬき」「あきたこまち」「ひとめぼれ」の3種類から好きなお米を選べます。我が家でいつも選んでいたはえぬきは、冷めてもおいしいのが特長。お弁当に最適なのと、仕事の帰りが遅くなっても炊飯器のごはんがおいしいのが魅力です。

おこめの鬼平【4回リピート】

コストパフォーマンスがよく、どのお米を購入しても安心できるショップが「おこめの鬼平」です。あきたこまちを購入しておいしかったので、種類違いで4回リピートしました。

つや姫やミルキークイーン、魚沼産こしひかりといった高級米もリーズナブルな価格で取り扱っています。ショップのページで、クーポンが配布されていることもあるので、安く購入できますよ。

お米の達人 米蔵人【2回リピート】

いつもは単一原料米を買うのですが、「お米の達人 米蔵人」では複数原料米(ブレンド米)を試しに買ってみました。なぜなら、商品紹介が秀逸で、口コミの評価もよく、価格も安かったので。

結果的に2回リピートしました。複数原料米はあまりいいイメージがなかったのですが、プロがしっかりとブレンドしているお米は、おいしく食べられることがわかりました。

「目利きがしっかりしていれば、実はブレンド米の方がおいしい」というのをテレビで見たことがあったので、他にも挑戦してみたいなと思います。

米・雑穀のみちのく農業研究所【1回購入】

ちょうどキャンペーンをやっていて、300円OFFクーポンが配布されていたので購入してみました。ひとめぼれは粘りが強く、甘みもあっておいしいですよ。

このお店の特徴は精米で7分づきが選べるところです。白米に近い食べ方ができるにもかかわらず栄養素や食物繊維が高く、玄米に挑戦してみたいという人や健康志向の人に人気があります。

ハーベストシーズン【1回購入】

はじめて無洗米を買ってみました。冬はお米をとぐのがつらいので。ただし、無洗米は通常の白米より少し割高になります。「お米をとぐくらい苦痛ではない」という結論に達したので、1回きりの購入になりました。

とはいえ、無洗米は楽ですし、肌荒れなどでお米をとぐのがつらい方にはおすすめです。

注意事項

精米について

白米
通販のお米はほとんどの場合、「玄米」「5分づき」「7分づき」「白米」といったように精米方法を購入時に選べます。普段食べている白いお米は白米です。間違えないようにしましょう。

なお、白米の場合は「30kg」となっていても精米時に分量が減るため、実際は1割減の27kgぐらいになります。これは自分で精米しても同じことなので、仕方がありません。

小分け袋について

お米の袋
お米は基本的に大きな米袋に入っています(上記写真)。ダンボール箱に詰められていることもあれば、米袋のまま届くことも。おそらく、梱包の無駄を省くことで価格を安くしているためだと思います。

「小分けの方が使いやすい」ということであれば、お店によっては10kg×3というように小分けして届けてくれます。ただし、注文時のオプションになるので有料になる場合もあります。

スポンサードリンク

まとめ

何度もリピートしているように、通販でも十分においしいお米を安く買えます。

なお、見ての通り、我が家はほとんどのお米を楽天市場で購入しています。お米を取り扱っているショップが多いのと、ポイントが貯まる・使えるのでお得なんですよね。さらに、楽天カードで買うとポイント4倍になります。

もしも、Amazonやロハコに慣れている人なら以下の記事も参考にしてみてください。お得に買える方法をまとめています。

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ