billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

新始動!ブログのデザイン&コンセプトをリニューアルしました!

billion-log
ブログのコンセプトを一新する意味も込めて、billion-logを全体的にデザインリニューアルしました。

「生活に役立つ情報サイト」として月間40万PVものアクセスをいただくようになった反面、あまりにもジャンルがばらけてしまって、自分でも何がしたいのか分からなくなってきたからです。

そこで、一旦、原点に戻って考えました。このブログで何がしたいのか。熟考した結果、今後は「マネー情報」をテーマに掲げていくことに決めました。

スポンサードリンク

コンセプトと振り返り

4年前、FC2ブログで株式投資をテーマにオープンしたブログ。しかし、ほとんどアクセスはなく、低迷している状態が続きました。ろくに勉強もせず、下心みえみえで広告を貼ったり、自分本位の記事を書いていたのが原因です。

そんな時期に、ブロガーやコンテンツイズキングという言葉が出回り始めます。「ユーザーにとって良質なコンテンツ」を作ることが結果につながる。その言葉に衝撃を受け、エンジログやバズ部をアホほど読みました。

それからは、自分の「体験」したことを軸に、ユーザーにとって役に立つような記事を書き始めることに。

ライティング能力やコンテンツ作成能力を鍛えるために、「記事を書く!記事を書く!とにかく記事を書く!」ことを最優先しました。「生活に役立つ情報サイト」とすることで、どんなネタでも記事にできるように間口も広げたんです。

ところが、長くやればやるほど違和感を覚えていました。

ジャンルとしては「生活」でよかったかもしれません。しかし、重要なのはサイトの「コンセプト」でした。ジャンルよりも、もっと根底の部分です。そこが完全ぬ抜け落ちていました。

恥ずかしながら「ブログのターゲットは?」と聞かれても答えられません。理由は、断固たるコンセプトがなかったからです。

このブログにあるジャンル(カテゴリ)をざっというと「株式投資」「WordPress」「ラーメン」「マラソン」「育児」「SEO」「家電」などなど。もう、めちゃくちゃです。雑多ブログの典型ですよね。

もちろん、これをよしとする人もいるでしょう。趣味ですからそれはそれでOKです。ただ、私はもう、つらくなりました。ブログスタイルは好きです。しかし、メディア運営としては何かが欠落しています。

なので、ブログの軸となるコンセプトを考えました。でも、頭の中だけではなかなか定められない。

そこで、ふと目をつけたのが、Googleアナリティクスです。アクセス解析は「実績」という宝の山が詰まっていたんです。どんな記事が人気だったのか。検索エンジンに好かれた記事はなんだろう。自分は何が得意なのか。

その上位を見るとほとんどが、「節約」「安い」「割引」「投資」などお金に関する記事ばかりだったんですよね。

元々、株式投資のブログをやっていたように、私は「お金」を貯めたり、増やしたり、節約したりするのが好きなんですよ。だから、必然的に記事も丁寧になるし、SEOでもいい結果が出ていたんだと思います。

今年の最初にはZAIにも掲載していただけました。原点から何も変わっていなかったんです。

むしろ、自分で2周年の記事に書いていました。

お金について勉強しました。図書館に通って、お金に関する本を読みあさりました。そこで学んだのが「消費・浪費・投資」の概念です。

ブログ名のbillion-logは、10億のログを残すという意味ではなく、10億円手に入れるという意味です。

これからの記事は、「お金」に結びつけるマネー情報に特化しようと考えています。

マネー情報といっても、節約、投資、クレジットカード、格安SIM、資産運用、副業などいろいろあるので、ジャンルは雑多になりそうですが「お金」という軸があるので、ターゲットは絞れます。

ターゲットは、20代から40代のお父さん、お母さんです。結婚や子育て、住宅ローンなど、お金に対して最もシビアになる世代ですよね。

私自身が、3歳の子どものいるサラリーマンですので、同じ目線で伝えられることはあると考えています。安月給、残業、休みも少ない!住宅ローンや車の維持費、子どもの養育費など、お金にもものすごく困っているし、不安もあります。

実践しているブログ運営やアフィリエイト、副業の記事も書いていきたいですね。

給料や会社なんてあてにならない。かといって、フリーランスにもなれない。だったら、「消費」「浪費」「投資」を意識したお金との向き合い方で、変えていくしかないんです。

なお、マネー情報でも属性を間違えればよくないので、ゴールドカードなどの冨俗層向けのコンテンツは配信しない予定です。

それと、商品レビューのご依頼については、受け付けていこうと考えています。物品やサービスについては「価格」×「性能」の2つの側面でとらえる人は多いです。つまりコスパのよさですね。

安くていいものを手に入れたいという気持ちは誰もが持っているため、レビューの切り口にする方法はいくらでもあります。

レビューのご依頼やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」やTwitterより受け付けております。

WordPressのテーマ変更

このブログは、WordPressを使って構築しています。テーマは公開当初からSTINGER3をほぼディフォルトで使い続けていました。ブログをやるには素晴らしいテーマで、今でも最高傑作だと思っています。

しかし、レスポンシブではなかった(スマホ対応はしてます)のとあまりにもデザインをほったらかしにしていたので、ここらで、テーマを一新することにしました。

こだわったのが「情報の見せ方」と「読みやすさ」。飾りだけゴージャスにしても、使いにくいサイトでは、何の意味もないですよね。情報サイトは、ブランディングよりも、読んでもらうことが大前提です。

トップページ
まず、トップページはがっつりレイアウト変更しました。検索エンジンから下層ページに訪れたユーザーが、トップページを見に行くケースもあるんですよね。そこで、ファーストビューには、どんなコンテンツを取り扱っているサイトなのかを知ってもらうために、大きなバナーで主張しました。

また、新着記事が上から下に羅列されているだけの、よくあるブログスタイルではなく、手動で設定できる注目記事や人気記事、カテゴリごとの新着記事を出しました。

続いて記事ページ。ここでは、本文の読みやすさにこだわりました。

・1行の文字数は読みやすいといわれる35文字前後に。
・文字サイズは、大きすぎず、小さすぎない16pxを基準に。
・文章の上下のマージンを広めにとり、段落のすみわけができるように
・テキストのリンク色はGoogleの検索結果で見慣れている青色に。
・ボタンは、購買意欲をそそるといわれる赤色かつ、大きく。
・テキストリンクには矢印アイコンを。

デバイスやブラウザによって、見え方が多少は違うと思うので「読みやすさ」に関しては、今後も試行錯誤していきたいですね。

それと、ヘッダーのロゴ横に「カテゴリー名」を表示させました。これは価格.comが参考。ポータルサイトを、ジャンル毎に専門サイトのように見せるための工夫です。

検索エンジンから来るユーザーの大半は、billion-logという名前を知りません。「カテゴリー名」を表示させることで「○○というジャンルを扱っているサイトなんだな」と少しでも感じてもらい、回遊してもらいたいのです。

表側としては、そんなところです。運営側としては、

・記事を2カラムでも1カラムでも作成できる。
・ページ毎にアドセンスの表示/非表示をワンタッチで。
・PCとスマホで別の広告を出すことが可能。よってクリック率の計測ができる。

が可能になり、記事作成の幅が広がりました。

まだまだ、実行したいことや微調整がありますが、カスタマイズに時間をかけたので、最近はほとんど記事を書いていませんでした。テーマを変更したことによる影響もみたいので、また記事作成に戻ります。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

PS.長文になりましたが、記事は読みやすいでしょうか?参考にしたいので、厳しい意見をお待ちしています。