billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

梅田で昼間から行列ができる「らーめん弥七」の鶏白湯

らーめん弥七の外観
大阪梅田にある行列のできる有名店「らーめん弥七」に行ってきました。

様々なラーメンランキングで1位をとっているので、期待を込めて行きましたが、見事に応えてくれる名店でした!

スポンサードリンク

らーめん弥七へのアクセス

梅田といっても、中津方面になります。

阪急梅田やJR大阪方面からだと、ロフト、毎日放送を抜け新御堂筋を北上し「豊崎2」の交差点まで来たら左折してすぐです。

歩いても15分程なので十分行ける距離です。

一番近いのは、大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分。

営業時間は平日の昼のみ

営業時間
このお店は土日休みなので平日しかチャンスがありません。しかも11時から16時までで、スープが無くなり次第閉店です。たまたま仕事が休みだったので、ここぞとばかりに向かいました。

スポンサードリンク

開店直後ですでに行列!

着いたのは、開店直後の11時5分ごろ。すでに店内は満席で、外には8人ほど並んでいました。昼休みと思われるサラリーマンや大学生、なかには女性1人で並んでいる人も。その行列は途絶えることがなかったです。

店の前の歩道は狭いので、店に添うように5、6名が1列並んだら、2列目は歩道脇に書かれている白線から後ろに並びます。

接客が丁寧

初めての来店でしたが、丁寧に接客してくれたので、混んではいたもののスムーズに席に着けました。外にまで出てきて、列の白線を教えてくれたのも店員さんです。それと、女性の店員さんも優しい!

いざ店内へ

食券売機
20分ほど待った後、店内へ。まずは食券を買います。表にあるメニューをあらかじめ見ておくと買いやすいです。

その後、カウンター席後ろの通路で、壁にぎっしり貼られた有名人のサインを見ながらしばらく待ちます。

店内は、カウンター4席とテーブル2つ(4人掛け)の12席とかなり狭めなので、テーブルの場合は相席に。相席が嫌な場合は、カウンターが開くまで待つことになります。

メニュー

看板メニューは、超らーめんナビ醤油部門2年連続関西1位、kansai1週間2007大賞、を受賞している醤油らーめん(700円)。

他には、
塩(しそ入り)ラーメン(750円)、
つけ麺(850円)、
ちゃーしゅー麺 醤油(950円)、
ちゃーしゅー麺 塩(1,000円)、
ご飯ものには最強のサイドメニュー ヘタめし(350円)と白ごはん(150円)。

麺は大盛1玉(120円)、中盛0.5玉(70円)も可能です。

醤油らーめんとヘタめしを注文

醤油らーめんとヘタめし
めったに来られないので、迷わずお店の看板メニューをいただくことに。

醤油らーめん

醤油らーめん

スープ

鶏白湯醤油のスープはクセになるおいしさ。しつこさやくどさが全くなく、クリーミー。旨味が凝縮されていて、飲めば飲むほどおいしさを感じられます。

行列ができるのも納得です。

刻み玉ねぎ、白ねぎ、青ねぎ、半味玉、チャーシュー、糸とうがらし。

豚のバラ肉を使ったチャーシューは厚切りなのにしっとりとしています。このお店はチャーシューもおいしいですね。

麺
3日かけて作る自家製の中太麺は、もちもちとした食感。

総じて、旨味がたっぷり詰まったクセになりそうな一杯でした!

ヘタめし

ヘタめし
チャーシューの端っこ「ヘタ」とネギ、ごまがごはんにのった一品ではなく逸品!

チャーシュー丼は、ラーメン店ならよくあるメニューですが、ここのヘタめしは別格でした。香ばしいヘタとごはんの相性が抜群です。

醤油ちゃーしゅーめん

醤油ちゃーしゅーめん
一緒に行った連れが頼んだ醤油ちゃーしゅーめん。

こちらは、厚切りとバラの2種類のチャーシューが味わえてボリューム満点です。

基本情報

らーめん 弥七 (らーめん やしち)
大阪府大阪市北区豊崎3-4-8
営業時間: 11:00~16:00(スープが無くなり次第閉店)
定休日: 土曜・日曜・祝日・不定休

※2014年1月の情報です。営業時間や価格などの情報は変更になる場合がございます。


大きな地図で見る

まとめ

平日しか開いてないので、次にいつ行けるか分からないのが残念ですが、また行きたくなるお店でした!

次は塩らーめんか、つけ麺を食べてみたいですが、どちらにせよヘタめしは、はずせません。

こんな記事もオススメです!