billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

楽天モバイルの通話料ってどれくらい?実際に請求された明細と安くする使い方

楽天モバイル
楽天モバイルの通話SIMプランなら、ドコモやソフトバンクの携帯電話と同じように電話をかけることができます。

しかし、電話をかけた分だけかかる通話料が、実際にどれくらいの請求になるのか気になるところではないでしょうか。

楽天モバイルのような格安SIMは「価格が安くなる」のが最大の特長。いくら、月々のプランが安くなっても、通話料が高いのでは本末転倒です。

今回は、実際に1年間、楽天モバイルを使ってみた通話料の明細と安く電話をかけるための使い方を紹介します。

スポンサードリンク

楽天モバイルで電話をかけるための基本情報

料金プランについて

楽天モバイルで電話をかけるには「通話SIMプラン」の契約が必要です。料金は、データSIMに比べて約700円ほど高くなっています。

ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円

通話SIMプランを契約することで、電話をかけられる権利が付与されます。これで、携帯電話や固定電話に電話をかけることができます。

なお、電話を1回もかけなかった場合も、上記のプラン料金はかかります。逆に言えば、それだけしかかからないので、安いからと言って怪しいわけではないので安心してください。

通話料

通話料金は、20円/30秒です。これは、電話をかけた分だけかかります。1分だと40円ですね。長電話する人や何度も電話をする人にとっては高いです。

この通話料を半額にする方法やかけ放題にするオプションもあるので、後ほど詳しく紹介します。

他社からの乗り換え

他社から楽天モバイルに乗り換える場合は、MNPが使えます。MNPとは、ドコモやau、ソフトバンクで使っている電話番号を、引き続き楽天モバイルでも使えるようにする仕組みです。

私もソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えた際、MNPの手続きをしました。手順を知りたい方は、以下のページをご覧ください。難しくはありませんよ。

通話料を安くする使い方と明細

ここからは、楽天モバイルで通話料を安くする使い方と実際の明細を紹介します。電話をかける頻度は人によるので、自分に当てはめてイメージしてみてください。

楽天でんわなら半額

楽天でんわアプリを使えば、通常の通話料の半額である10円/30秒で電話をかけられます。さらに通話料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントも貯まってお得です。

スカイプやLINEと違って、電話回線を使っているので、音質がよく、通話が途切れることも少ないです。

私も通話料を節約するために、100%楽天でんわを使っています。以下が実際の1ヶ月分の明細です。

17秒10円、48秒20円となっていますね。ほんとうに30秒/10円の料金通り。安いです。私はほとんど電話をしないので、ほんとにこれだけしかかかっていません。

このようにWebで明細をみることができるので、管理もしやすいですよ。なお、楽天でんわの請求は楽天モバイル(楽天)からではなく、楽天コミュニケーションズからの請求になります。

・楽天モバイルでの電話→楽天モバイル(楽天)からの請求
・楽天でんわでの電話→楽天コミュニケーションズからの請求

請求は、完全に別になっています。両者ともクレジットカードでの支払いが可能で、その支払い履歴も別になっていますよ。ちなみに、楽天モバイルで電話をしたときの明細が以下です。間違えて普通に電話してしまったときのものです。

40円×4分+20円/30秒=180円なので、料金通りです。

楽天でんわを使っている人は、楽天モバイルだけの請求をみて「今月の通話料少なかったなぁ」とならないよう注意しましょう。

5分かけ放題オプション

格安SIMには、通話料が安くなるプランが少ないのが現状です。ところが、楽天モバイルには「5分かけ放題オプション」というオプションがあります。

これは、月額850円(税別)で、5分以内の国内通話が、何度でもかけ放題になるオプションです。5分以降は通話料がかかりますが、30秒10円と安いです。

ただし、これは前項で紹介した楽天でんわを使ったオプションです。通常の電話でかけてしまうと、20円/30秒の通話料がかかるので注意です。

「楽天でんわアプリ」を使用して発信するか、音声通話の発信時に「003768」を通話番号の先頭にお付けいただくことでサービスをご利用いただけます。上記以外の方法で音声通話をご利用いただきますと、20円/30秒の通話料が発生します。

Android OS、iOS上の通知画面から折り返し電話をかける場合、「楽天でんわアプリ」を利用した通話にはならず、20円/30秒の通話料が発生します。
引用:楽天モバイル

頻繁に家族にかけたり、仕事でかける頻度が多い人にとっては、うれしいかけ放題サービスです。なお、どれくらい通話する人がお得なのかを計算してみると、通常、楽天でんわを使って電話をした場合は30秒/10円。5分かけ放題オプションが月額850円(税別)なので、

月額850円/10円*30秒=2,550秒

つまり、1ヶ月の通話時間が42.5分以下の場合はメリットがないです。850円プラスしても、キャリアよりはるかに安いですが該当しないのであれば、つける必要はありませんね。

LINEやスカイプを使う

私の通話時間がかなり少ないその大きな理由はLINEを使っていることです。LINEは、相互にLINEを登録している人であれば、メッセージや音声通話を無料でできるサービスです。

妻や友達にかけるときは、LINEの無料通話を使って節約しています。気のしれた人であれば、LINEで十分です。スカイプでもいいでしょう。

ただし、LINEでは固定電話やLINEを使っていない人にはかけられません。そんな時には、楽天でんわを使っています。

このおかげで、通話料を安くおさえることができています。

スポンサードリンク

通話料を加味しても楽天モバイルは安いかも

私は楽天モバイルの5Gの通話プランを利用してます。通話料金込みでも月々2,400円ほどしか支払っていません。ソフトバンクのときは、月々8,000円以上が当たり前でした。なので、差額は約5,600円。この差額に通話料を当てはめてみます。

通常の通話料は、20円/30秒です。計算すると、5,600円/20円*30秒=8,400秒。

つまり、140分通話をすると、ソフトバンクと同じくらいの料金になります。この考え方であれば、そこそこ電話をしたとしても、楽天モバイルの方が安いことになります。楽天でんわなら半額なので、さらに割安感がありますよね。

頻繁に電話をする人で「いちいち通話時間を気にしてられない」という人はしんどいかもしれませんが、「ほとんど電話はしない」という人であれば、メリットを感じられる料金体系といえます。

まとめ

楽天モバイルの通話料は、20円/30秒。

安くするには、
・楽天でんわを使う(10円/30秒)
・5分かけ放題オプションに加入する
・LINEやスカイプの無料通話を使う
の3つの方法があります。

とはいえ、ビジネスでもプライベートでも長電話をする人は、楽天モバイルどころか格安SIMは向いていないと思います。通話料金に関しては、まだまだ安くなるプランが少ないのが現状です。

反対に電話をしない人や、本記事で紹介した3つの方法でうまくやれそうであれば、楽天モバイルは圧倒的にお得ですよ。

契約を考えている人へ、以下の記事も参考になれば幸いです。