billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

楽天カードでポイントを効率よく貯める7つの使い方

楽天カード
楽天カードをメインで使い続けて1年になります。楽天市場での買い物はもちろん、普段の買い物でも楽天スーパーポイントが貯まるので、スーパーやコンビニでも積極的に使うようにしています。

他にもあらゆる特典やキャンペーンが開催されていて、とにかくポイントが貯めやすいクレジットカードなんです。

今回は、私が実際に楽天カードを使ってみたなかで、ポイントを効率よく貯められるおすすめの方法を7つ紹介します。

これから楽天カードを作りたいと考えている人も「これなら貯まるかも!」というヒントになれば幸いです。

スポンサードリンク

ポイントを効率よくためる7つの方法

1.楽天市場の買い物でポイントが通常の4倍

楽天市場の買い物では、通常1倍(100円で1ポイント)のポイントが貯まります。それを楽天カードでの支払いにすると通常1%に加え、楽天カード利用通常ポイント1倍+楽天カードご利用特典ポイント2倍が加算され、計4倍ものポイントが貯まります。

10,000円の買い物で、400ポイントの還元。他のクレジットカードでの支払いだと100ポイントしか貯まらないため、その差は大きいですよね。

なお、ポイント4倍は、スーパーポイントアッププログラムの特典です。エントリー不要で常時開催されていますよ。ただし、まだ未定ですが、いつかは終わるかもしれません。

この特典は、楽天カード(+3倍)に加え、楽天モバイル利用(+1倍)、楽天アプリ利用(+1倍)、楽天プレミアムカード利用(+1倍)で、最大7倍にもなります。


私も楽天プレミアムカード以外は、利用してますので、常に6倍ものポイントが貯まってます。


他のポイントキャンペーンと合わせて1回の買い物で1,000ポイント以上貯まることも。消費税に匹敵するので、家計も大助かりです。

楽天のサービスだけあって、楽天市場での買い物に使うのが最もメリットが感じられやすいです。

2.普段の買い物でもポイント1倍

普段の買い物でも、持っている楽天カードの国際ブランド(JCB・MasterCard、VISAいずれか)が使えるお店では、1倍のポイントが貯まります。コンビニやスーパーなどの街のお店でもネットショッピングでもOKです。

私は、楽天サービスへの依存率が高いので、ほとんどのお店で楽天カードを使用してます。ポイントが貯まる分、現金より圧倒的にお得なんですよね。もちろん、貯めたポイントは楽天市場などのサービスで使えますよ。

3.ポイント加盟店ならポイント3倍

楽天の「ポイント加盟店」になっているお店があります。ポイント加盟店での買い物に、楽天カードで支払うと最大3倍ものポイントが貯まります。例えば、エネオスやサカイ引越センター、コナカなど。加盟店によって倍率は、異なりますがものすごくお得です。

そのお店独自のクレジットカードよりも、楽天カードの方が、汎用性があり使い勝手がいいかもしれませんね。

車を所有しているので、ガソリンスタンドはエネオスを使ってたんですが、今は出光に乗り換えました。出光は、楽天ポイントカードが使えるお店なんですよね。なので、支払いにポイントが使えるんです。ガソリンは出費になっているので、貯まることより支払うことを優先してます。

4.楽天ダイニング加盟店ならポイント2倍

レストラン
全国の居酒屋やレストランで、楽天ダイニングに加盟しているお店なら、楽天カードで支払うとポイントが2倍貯まります。世界の山ちゃんや金の蔵、千房、庄やといった有名なチェーン店など、18,000店以上が加盟店で、使う機会も多いはず。

最近では、飲み会や忘年会など、幹事さんがクレジットカードでまとめて支払うケースが多いですよね。飲み会の場合、支払額は、数万円になるケースがほとんどですから、幹事さんはかなりお得になります。また、WEB予約で100ポイント貯まるお店もありますよ。

あらかじめエントリーしておくことで、ポイント3倍~10倍になるキャンペーンが多数開催されていて、さらにお得になるチャンスも。

5.nanacoにチャージして税金を支払う

nanaco
セブンイレブンでおなじみの電子マネーnanacoには、楽天カードを使ってチャージ(入金)ができます。チャージすることで、ポイントが貯まってお得なんですよね。

ただし、nanacoにチャージできるのはJCBのみです。VISA、MasterCardはできません。nanacoへチャージしたいならば、必ずJCBを選びましょう。後で変更したくなった場合は、解約処理をして作り直さなくてはならず面倒です。



日本国内の利用であれば、JCBを選んでおいて全く問題ないですよ。

なお、nanacoにチャージすれば、当然nanacoで何かを購入して消費しなければなりません。nanacoを使えるお店は多いですが、それでも使わないという人もいるでしょう。

その場合は、セブンイレブンで、税金(固定資産税、住民税、自動車税など)や公共料金の支払いに使うと無駄がないです。

6.キャンペーンに参加する

楽天カードを所有すると楽天e-NAVIで、利用明細の確認や支払方法の変更などができるようになります。そして、そういった管理だけでなく、楽天カード所有者向けにポイントが貯まりやすくなるキャンペーンが随時開催されています。

ポイント2倍やポイントプレゼントのキャンペーンが、今、見ただけでも28個も開催されていました。しかし、自動車保険の契約やリボ払いといったハードルが高いものもあります。そのようなものに、無駄にエントリーする必要はありません。

それよりも、対象店で楽天カードを使うとポイントバックやEdyチャージ、電気ガスの支払先変更といったキャンペーンなら日常生活で行う可能性もありますよね。どうせならポイントを獲得できればラッキーくらいで、エントリーしましょう。

キャンペーンは、エントリーしなければ適用されない場合がほとんどです。利用明細の確認ついでにアクセスしたならば、定期的にキャンペーンものぞいてみましょう。

7.新規入会でポイントプレゼント

楽天カードは、新規入会することで5,000~8,000のポイントがもらえます。めちゃくちゃお得なんですが、手続きをしないともらえない仕組みになっているので注意してください。

新規入会ポイントのうちわけは、
・入会特典の2,000ポイント
・キャンペーンの特典ポイント
となっています。

入会特典の2,000ポイントは、楽天カード作成後、楽天e-NAVIにログインして、楽天スーパーポイント受け取り申請手続きが必要です。これをやっておかないと付与されません。期日は、発行日より半年以内です。この2,000ポイントは通常ポイントとして扱われます。

キャンペーンの特典ポイントについては、入会する時期によって異なります。今は5,000ポイントになっていますね。過去には10,000ポイントもらえるキャンペーンが打ち出されたこともあります。

ただし、キャンペーンの特典ポイントについてはもらうのに条件があります。「◯◯日までに利用する」や「◯◯日までに1万円以上利用」など。確実にもらうために、キャンペーンの詳細を確認しておきましょう。

また、キャンペーンの特典ポイントは期間限定ポイントです。通常ポイントと違って期間が短いため、注意が必要です。

このように、新規入会のポイントは、条件をクリアしないともらえません。一見おいしいく思えますが、油断していると0ポインもありえます。とはいえ、条件のハードルは低めなので、確実におさえておきたいところです。

入会するタイミングに関しては、もちろん、もらえるポイントが高い方がいいですよね。しかし、いつ開催されるかわかりませんし、カードを作りたいタイミングで作るのがベストです。もしかすると、なくなってしまう可能性もありますから。

効率はよくないが知っておきたいポイントの貯め方

ダイヤモンド会員になる

楽天市場には、獲得ポイント数と獲得回数に応じてのランクアップ制度があります。その最上位であるダイヤモンド会員になるには、楽天カードの保有が必須条件になっています。つまり、どれだけ楽天市場で買い物をする優良顧客であっても楽天カードを持っていない限り、ダイヤモンドにはなりません。

ダイヤモンド会員になると、
・お誕生月700ポイント
・ボーナス福引(最大50,000ポイント、外れても70ポイント)
・楽天ワランティ(毎月100ポイントバック)
というポイントがもらえる特典があります。

楽天ダイヤモンド会員
私もダイヤモンド会員7ヶ月目です。しかし、私は楽天をよく利用するので、たまたまなっていますが、無理してダイヤモンドを目指すほどの特典ではありません。

楽天ETCカードで貯める

楽天カードを作ると、楽天ETCカードを作れるようになります。通行料金100円につき1ポイントが貯まるので、仕事や帰省で頻繁に高速道路を利用する人はお得です。ただし、年会費が540円(税込み)かかります。54,000円以上乗ってようやくメリットがあります。

他のETCカードを使ったほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

ポイントの確認方法

楽天PointClubの「ポイント履歴」で確認できます。楽天カードご利用ポイントとなっているのが、楽天カードのおかげで貯まったポイント明細です。

ポイントの確認履歴
ちなみに私は日常の買い物で、1ヶ月およそ2万~3万くらい使うので200~300ポイントくらいが多いですね。税金の支払いや定期券の購入など、まとまった支出がある時は、1ヶ月で、2,000ポイント以上貯まることもあります。

年間で考えるとバカにできないポイントです。

まとめ

楽天は、キャンペーンやポイントポログラムが多彩で、ポイントを貯める方法は、まだまだあります。しかし、効率よく貯めるという観点で言えば、この記事で紹介した7つの方法がおすすめです。

ポイント目当てで楽天カードを作る人が多いと思うので「全く貯まらない!」という人は、これらの方法から実践してみるのが簡単ですよ。