billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

楽天カードの審査と申込方法|主婦やパートでも発行できる

楽天カードの審査と申込み
楽天カードマンでおなじみの人気クレジットカード「楽天カード」の申し込み方法と審査について紹介します。

申込みにあたっての必要書類や届くまでの期間などの情報も記載しているので、これから申し込む人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.申込み資格

楽天カードは、誰でも申し込めるわけではありません。以下の申込み基準があります。

18歳以上(高校生を除く)

このように、年齢制限が設けられています。わざわざ「高校生を除く」と書かれているということは、18歳以上であれば大学生は発行できるということですね。

よくあるクレジットカードの規定では年齢制限に加え、「一定の収入がある」といった制限をしていることが多いです。ところが、楽天カードの場合は記載がありません。これをいいようにとらえると、年齢をクリアしていれば、誰でも申し込める資格はあるということです。

さらに調べて見ると、楽天カード公式サイトのよくある質問に、職業についてもはっきりと記載がありました。

主婦・パート・アルバイトの方でも申し込み可能

裏を返せば「収入が少ない人でも申し込みできる」ということです。楽天市場は、女性の利用率が高いです。専業主婦でも楽天カードで買い物できると、ポイントが貯まってお得ですね。

申込みにあたっては、必ず楽天会員登録が必要です。登録は無料です。楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスを利用したことのある方は、そのIDでOKです。持っていない人は、この機会に作ってみましょう。

2.申し込み

楽天カードの公式サイトより申し込みができます。年会費は永年無料です。

また、楽天ポイントカードと楽天Edyの機能も無料で付けられます。1枚で3役のカードとして使えて、めちゃくちゃ便利です。

楽天市場や楽天ポイントカード加盟店、それに普段の買い物でカードを使うと、楽天スーパーポイントが貯まってお得ですよ。私もメインのカードとしてガンガン使っています。

選べる国際ブランドは、JCB、MasterCard、VISAの3種類。JCBならnanacoにチャージすると、ポイントが貯まります。nanacoで税金の支払いをしたい人はJCBを選択しましょう。

スポンサードリンク

3.審査

楽天カードは、クレジットカードなので申込み資格を満たしていたとしても、審査に通らなければなりません。

審査期間は、最短数分で完了します。実際に私が申し込んだときは、土曜日の0時過ぎに申込み。カード発行手続き完了のお知らせがメールで届いたのは、翌朝の8時頃でした。数分ではなかったにしろ、他のカードと比較すると早いです。

なお、審査についての情報を調べつくしたところ、「審査の難易度はかなり低い」といえるような結果でした。そもそも、審査に厳しいカードであれば、主婦やアルバイトでも申し込み可能とはならないはずです。

とはいえ、多重申し込みや過去のクレジットカードに関するトラブル、延滞などがあった人は注意が必要です。クレジットカードは信用が大切なので、これはどのようなカードであっても同じことがいえます。

楽天カードは、明確な審査基準については公開していないので、確かなことはいえませんが、はじめてクレジットカードや年収が低い場合でも、審査に通る可能性は高いのではないでしょうか。

4.本人様確認書類の準備

カードの受け取りには、本人様確認のための公的証明書類が必要になります。以下のいずれかを事前に用意しておきましょう。

■「佐川急便 受取人確認サポート」の場合
※氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ、荷物を受け取る際に有効なものに限ります
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書

下記資料の場合は、補完書類と合わせて2点での確認が必要となります。
・健康保険証
・年金手帳

■「郵便局 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」の場合
(氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ郵便物・荷物を受け取る際に有効なものに限ります)
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書(在留の資格が特別永住所のものに限ります)
・個人番号カード(顔写真付)
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・官公庁が発行した身分証明書(顔写真付)
・共済組合員証
・国民年金手帳
・運転経歴証明書
・年金手帳
・公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

引用:楽天カード公式サイト

簡易書留に限り、お申し込み時と同じ住所にて本人以外の家族でも受け取れます。

5.カード到着


カードが手元に届くのは、申し込みから1週間程度です。実際に私もそれくらいで届きました。審査期間や届けられる地域によっては、前後すると思います。

配送は、以下のいずれかになります。私は本人限定受取郵便でした。

・佐川急便(株)「受取人確認サポート」
・日本郵便(株)「本人限定受取郵便」
・日本郵便(株)「簡易書留」

受け取りには、前項で紹介した本人様確認書類が必要になります。配達員が宛名と本人様確認書類を照合して受け取り完了になります。

なお、忙しくて自宅で受け取れないという人は、郵便局の郵便窓口での受け取りも可能です。もしも、ポストに不在票が入っていれば、郵便局で受け取るように手続きしましょう。その際も、本人様確認書類と印鑑(サインでも可)が必要になります。

6.利用開始

カードが届いたら、裏面に署名をして利用開始です。すぐにでも使うことができます。

また、楽天カードの管理画面である「楽天e-NAVI」にも登録しておきましょう。支払い履歴や各種設定変更、キャンペーンの確認など、今後何かあったときに確認することになりますので。

それと、楽天カードに申し込むと「○○○○ポイントプレゼント!」というキャンペーンをやっていることがほとんどです。注意したいのが、このポイントは、もれなくもらえるポイントと条件付きでもらえるポイントがあります。メールや申し込み要項で条件を確認して、もらい忘れのないようチェックしておきましょう。

また、期間限定ポイントであった場合は、失効に気をつけてください。

以上が申し込みから審査、カードが届くまでの流れになります。

楽天カードは、楽天市場でポイントが貯まりやすいのと普段の買い物でもポイントが貯まるのが魅力です。それに、楽天モバイル楽天ポイントカード加盟店など、楽天のサービスをよく利用する人は作っておいて損はないカードです。

メリットや特長については以下のページに詳しくまとめました。