billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

純粋にSNSを楽しみたいならGoogle+をおすめしたい!


photo credit: loop_oh via photopin cc

上司や友達とのつながりが面倒、タイムラインは広告ばかり、アカウントのっとり!最近、純粋にSNSが楽しめなくなってはいませんか?

そんな人におすすめしたいSNSが何を隠そうGoogle+です。

僕も最近やり始めて思うことは、ここまで純粋にSNSを楽しんでいるのはGoogle+が初めてといっていいかもしれないとういうこと。今まで使わなかったことを後悔しているくらいです。

天下のGoogleのサービスでありながら利用していなかったのは、きっかけがなかったんです。それはそうかもしれませんが、この「きっかけがなかった」ことこそGoogle+の最大の魅力でした。きっかけができないほどGoogle+という世界観がその中でだけ保たれていたということです。

スポンサードリンク

Google+をおすすめしたいポイント

企業に荒らされていない

僕が、はまった最大の理由はこれかもしれません。

事前承認された方法による場合を除き、Google+ 上で直接、または Google+ の特徴や機能の使用が必要となる方法でコンテスト、くじ、優待、その他のプロモーション(「プロモーション」)を実施することはできません。
Google+ コンテストおよびプロモーションのポリシー

例えば、Facebookでは「いいね」することで応募できるフォトコンテスト、Twitterでは、フォローしたりアプリを認証したりすることで応募できるキャンペーンが行われています。ここでうっかりファンになってしまうと、タイムラインが企業に浸食されてしまいます。増えてくると解除するのも面倒になります。

その点、Google+はプロモーションが実施できない仕様になっています。企業のGoogle+ページはありますが、情報を求める人だけがフォローすればいいのです。無意味ないいね稼ぎやフォロワー稼ぎがありません。

ITリテラシー高めのユーザーが多い気がする

偏見かもしれませんが、投稿内容やコメントを見ているとそんな気がしています。

SNSの利用状況を見てみるとこんな結果が出ていました。

LINE(ライン)で47.6%、Twitter(ツイッター)が41.9%、Facebook(フェイスブック)が39.9%、mixi(ミクシィ)が19.7%、Skype(スカイプ)が18.8%、Google+(グーグルプラス)が16.1%
引用:2014年度 SNS利用動向に関する調査:レポート|ICT総研

日本でのSNS利用率は、6,000万人を越えています。スマートフォンのおかげで、誰もがSNSをやっていますね。

LINE、Twitter、Facebookが3強として根強い人気を誇っています。そしてGoogle+はというと6番手でmixiよりも利用率が低い。それほど普及しているとはいえない状況です。

人とのつながりを楽しむSNSは、おのずと人が多いところに集まるという結果でしょう。

こんな状況でGoogle+を利用する人は何か特別な理由があるはずです。友達がやっているからなんとなくって感じがしないんです。Twitterでよくあるおバカ写真による炎上や誹謗中傷、LINEアカウントのっとりなんていう不吉なニュースもあまり聞きません。

ITリテラシー高めのユーザーが純粋にSNSを楽しんでいるような居心地の良さがします。

共通の話題を持ったユーザーが集う本物のコミュニティ

Google+には、コミュニティと呼ばれるものがあります。例えば、ラーメンコミュニティに参加すると同じコミュニティに参加しているラーメン好きの投稿がタイムラインに流れてきます。それを+1したり、シェアしたりコメントしたり。共通の趣味を持った人が集まるので、投稿内容にブレがありません。みんな純粋にラーメンが好きで楽しんでいます。

また、コミュニティには、管理人によりルールが設けられています。例えば「店名、食べた場所、感想は絶対明記してね」といった具合。ルールのおかげで一定のクオリティが保てていて荒れにくいです。

共通の話題を持ったユーザーが集い、やりとりできる本物のコミュニティがここにはあります。

欠点は、Google+のユーザー数が少ないので、盛り上がっているコミュニティが少なく閑散としているところも多いです。人が少ないからいいのかもしれませんが。

まとめ

Google+は、使い勝手がちょっと分かりづらいところがあるので、その辺のとっつきにくさが解消されればもっと普及しそうなんですけど、荒らされたくない気持ちもあります。

昔の掲示板やチャットのように、Google+で純粋に「つながり」を楽しんでみてはいかががでしょうか。