billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

nanacoと現金を併用して税金を支払う方法

nanaco
自動車税や固定資産税などの税金は、セブンイレブンでnanacoを利用して支払っています。

なぜなら、楽天カード(JCB)でチャージすると楽天スーパーポイントが貯まるので、お得だからです(TポイントならYahoo!JAPANカード JCBもおすすめ)。

先日、nanacoで固定資産税を払おうとしたところ、クレジットカードでチャージできる上限より、微妙に支払い金額が多かったので、困ってしまったんですよね。

そんな時は、nanacoと現金を併用して税金を支払うことができます。

スポンサードリンク

nanacoのクレジットカードでのチャージについて

nanacoでクレジットチャージには、以下のような条件があります。

1回でチャージできる額は最低5,000円以上、以降1,000円単位。上限は29,000円まで。

私が支払いたい固定資産税は、31,000円でした。29,000円分チャージした後、残りの2,000円分を補うのに5,000円分チャージしなくてはなりません。

普段からnanacoを利用する人であれば問題ないでしょう。しかし、私は税金の支払いでしかnanacoを使っていないので、余計にチャージするのに抵抗があったんですよね。

そこで、nanacoと現金を併用しての支払いをやってみることにしました。

nanacoと現金を併用して支払う方法

やり方はいたって簡単です。

(1)パソコンやスマホからnanaco会員メニューにアクセスしてクレジットカードでチャージ
(2)セブンイレブンのATMで残高確認
(3)レジにて「nanacoと現金で支払います」と伝える
(4)先にnanacoで支払い(リーダーにかざす)
(5)差額分を伝えてくれるので現金で支払い
(6)支払い完了

現金で支払った分は、おつりもでますよ。店員さんもあわてずに処理していたので、それほど複雑な会計ではないと思います。先にnanacoで支払い→現金という流れがポイントですね。

※nanacoのみの場合は、以下ページの手順が基本になります。はじめてnanacoでチャージ、税金を支払う人は、まず参考にしてみてください。

なお、「31,000円の支払いのうち、20,000円分はnanacoでの支払って、残りの11,000円分は現金で支払います」ということはできません。nanacoは、金額を指定して使うことができないためです。

あくまでnanacoに入金されている分を全額使って、足りない分を現金で支払うということです。