billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

Microsoft Officeの代わりになる無料サービス&ソフトウェア


ワード、エクセル、パワーポイントといったMicrosoft Officeを利用する機会は多いでしょう。

ビジネスマンでなくても、申込書がエクセルファイルで作られていていたり、ワードで案内状を作成したり、誰もが利用したい場面がありますよね。

ところが、Microsoft Officeは、有料のソフトウェアであり、すべてのPCに入っているわけではありません。当たり前すぎて、もれなく入っていそうな気がしますが、そうではないんです。

使うためには、Amazonや家電量販店でMicrosoft Officeのソフトウェアを購入するか、あらかじめインストールされているPCを買うしかありません。

ただし、価格が数万円くらいするので意外と高いんです。頻繁に使うならまだしも、ちょっと使いたいだけで買うのは抵抗ありますよね。

でも安心してください。Microsoft Officeと同等の機能を兼ね備えた無料のWebサービス&ソフトフェアで十分に代用できるんです。今回はそんなサービスをまとめました。

PCにMicrosoft Office(ワード、エクセル、パワーポイント)が入っていない人はもちろん、バージョン違いでファイルが開けないといった悩みがある人も参考にしてみてください!

スポンサードリンク

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド


オンラインでOffice系ドキュメントの作成・編集ができるGoogleのサービス。

ドキュメントがワード、スプレッドシートがエクセル、スライドがパワーポイントに相当します。

例えば、スプレッドシートでエクセルのファイルを読み込むことや編集することが可能です。

クラウドサービスのため、他のパソコンでも見られたり共有や共同編集ができたりと、使い勝手がいいのが特徴です。ファイルを持ち歩く必要がありません。

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドの公式Webサイトへ

Apache OpenOffice


Apacheソフトウェア財団が管理するフリーのソフトウェア。

Microsoft Officeと互換性があり、それ相当の読み書きが可能。Writerがワード、Calcがエクセル、Impressがパワーポイントに相当します。

Apache OpenOfficeの公式Webサイトへ

スポンサードリンク

LibreOffice


非営利組織The Document Foundationが開発するフリーソフトウェア。

元々は、Apache OpenOfficeの前身であるOpenOffice.orgから派生したソフトフェアのため、よくApache OpenOfficeと比較されます。機能もApache OpenOfficeとほぼ同じ。

ただし、LibreOfficeにしかない機能があったり、更新頻度が高かったりと利点があるため、こちらをおすすめする声が多いです。

LibreOfficeの公式Webサイトへ

メモ帳

おまけですが、テキストを見たいだけなら、メモ帳などのテキストエディターでも開いてみてください。ワードであれば見られる可能性があります。

まとめ

どれもあくまで類似サービスです。確実にMicrosoft Officeと同等のことができるかというと、そうではありません。ただし、チャンスはあります。

思わぬところでお金や時間を食ってしまうくらいなら、こういったサービスを試してみましょう。

人によっては、Microsoft Officeより使いやすいかもしれません。