billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

WordPressでメールフォームを簡単に作成できるプラグイン4選


WordPressでは、プラグインを使って簡単にメールフォームを作成できます。

メールフォームとは、テキストボックスやチェックボックスに入力した情報が、メールで管理者に届けられるフォームのことです。お問い合わせやアンケートで一般的に使われているものですね。

本来、メールフォームは、cgiやphpといったプログラミング言語で作成するため、専門的な知識がないとハードルが高いのです。プラグインだけで実現できるのは、うれしいことですね。

今回は、メールフォームが作成できるプラグインを4つ紹介します。

WordPressでメールフォームが作りたい!と誰かに相談すれば、おそらくこの4つのどれかの名前があがります。それくらい有名なものを厳選しました。

機能が少しずつ違いますので、用途に合わせて使用してみてください。

スポンサードリンク

Contact Form 7【無料】


WordPressのメールフォームで最も使用されている王道のプラグイン。管理画面から簡単にフォームが作成できます。

いろいろなブログで紹介されていて、何かで困ったときに情報が豊富にあるのも強みです。

例えば、標準ではついていない確認画面も、独自でプラグインを開発してくれた人のおかげで実現できたりします。

Contact Form 7の公式Webサイトへ

MW WP Form【無料】


王道のContact Form 7をおびやかす存在になっているのがMW WP Formです。

確認画面が標準でついていたり、送信情報をデータベースに保存したり、その情報をグラフ表示できたり。

アドオンを使えば、画像認証も実装可能です(有料)。企業サイトのフォームを作るときに重宝しそうな機能が揃っています。

MW WP Formの公式Webサイトへ

スポンサードリンク

Trust Form【無料】

シンプルさが人気の国産プラグイン。確認画面が標準でついているし、ライブラリを使えば住所自動入力もできるようです。

Trust Formの公式Webサイトへ

Gravity Forms for WordPress【有料】


今回紹介するなかでは唯一、有料のもの。その分、高機能で海外では人気のようです。

ただし、ドキュメントが英語なのと有料というハードルがあるせいか、日本語の情報が少ないのが難点です。どうしても実現したくて困っている機能があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

Gravity Forms for WordPressの公式Webサイトへ

まとめ

どのプラグインもフォームとして最低限の機能はついています。素晴らしいの一言。かゆいところに手が届いています。特殊なことを考えていなければ、十分に使えるでしょう。

プラグインは、WordPressのバージョンや他のプラグインとの相性で動作しないこともあるので、選択肢があるのはうれしいですね。

こんな記事もオススメです!