billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

「LINE Creators Market」で確実に儲ける為の5つのヒント


個人でもLINEのスタンプが販売できると話題になっていた「LINE Creators Market」の受付がいよいよスタートしました。審査を通過すれば、2014年5月以降をめどに、販売開始される予定です。

制作したスタンプは、LINE STORE(日本・タイ・台湾・インドネシア)で、1セット40種類100円で販売。売上のうち50%がクリエイターに分配されます。個人でも法人でも登録可能。

世界4億人を誇るLINEユーザーの市場で勝負できるあってか、僕の周りでも意欲に燃える人がちらほら増えてきました。クリエイターやイラストレーターにとってはチャンス到来ですが、アフィリエイトと同じで、おそらく軽い気持ちで作っても全く売れないでしょう。これはビジネスなので、アイディアやニーズを考えて考え抜かなければ、太刀打ちできません。

今回は、LINE Creators Marketで儲ける為に必要なことを、5つに絞ってまとめましたので、スタンプ作りのヒントにしてみてください!

スポンサードリンク

儲けるための5つのヒント

1.長期的スパンで考える

1セット40種類ものスタンプを作るとなると、相当な時間への投資が必要です。でも、中途半端にリリースを連発するより、じっくり考えて時間を資産にすることが大切かと。1発ネタや流行ネタは、瞬間的に稼ぐことはできても、売上げは長く持続しません。コカコーラやカルビーのポテトチップスのように、長く愛されるロングセラー商品を作ることが重要です。その方が、長い間、継続して利益を生み出してくれます。何発も打ち上げ花火を打ち続けるより、納得のいくまで作りこんでクオリティを上げましょう。

目先の10万円と、1年後の100万円どちらが大事ですか?

2.オリジナリティ

おそらく似たようなスタンプが大量に出回るでしょう。そこで、差別化するためには、あなたのオリジナリティが必要です。あなたにしか作れないスタンプを作りましょう。

3.誰が、何を、いつ、どこで、なぜ必要としているのか

自分が作ったものを世界中の人に見てもらいたいという願望だけなら自由です。好きなように作りましょう。

儲けたい場合は、ユーザーが求めていること=ニーズを考える必要があります。

Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)、How(どのように)の5W1H念頭に、まずは、自分でLINEを利用してみたり、スタンプを買ってみたりして、ユーザーの立場になって考えてみましょう。

4.キャラクター

誰からも愛されるキャラクターを作ればLINEの世界を飛び出して、グッズ、テレビ、ゲームなど、可能性がかなり広がります。

一番儲かるのは、これではないでしょうか。

100円の50%ということは、1セット売れると50円の売上げ(税金は除く)。仮に、10,000セット売れたとしたら50×10,000で500,000円の売り上げです。この金額が多いとみるか少ないとみるかは、人それぞれの価値観ですが、僕は少ないと思います。LINEを足がかりに外の世界に飛び出しましょう!

5.LINEのスタンプは10年後、20年後も存在しているのか

おそらく存在していないか、形を変えているでしょう。Webの世界は移り変わりが激しいので、もしかすると1年後にはサービス終了しているかもしれません。もしそうなっても、スタンプ制作を通して成長できれば儲けもんです。

企業でも登録できるので、新人クリエイターの練習の場として、各々が作ったLINEのスタンプがどれだけ売れるか、競い合っても面白いかもしれませんね。マネタイズの勉強にもなります。

スタンプ制作のハードル

スタンプを作りにあたってのハードルは、ガイドラインの厳守です。販売されるには審査が必要なので、守らないわけにはいきません。
スタンプの画像フォーマットやサイズ、容量、そしてもちろん公序良俗に反するものなど「ガイドライン – LINE Creators Market」で、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

初期投資

自作

細かなスタンプのガイドラインをクリアするために、威力を発揮するのはやはりAdobe PhotoshopとIllustrator。高価ではありますが、かなり制作が楽になりますし、やりたいことは全てできます。他には手書きのイラストを取り込むスキャナやペンタブなど、初期投資は必要ですが、安価なものやフリーソフトもありますので、納得がいくものを制作できるツールを探してみましょう。

外部制作

アイディアはあるけどイラストは描けない、アプリケーションが使えないという人は制作会社でプロに作ってもらうこともできます。審査をクリアするためのノウハウを持っているため、余計な心配をせず、アイディアを出すことに集中できます。


業界最安値!!39800円でLINEスタンプが作れる!!



まとめ

LINEのスタンプ制作をきっかけに羽ばたきましょう!