billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

子育てパパママ必見!消費税増税を緩和するため1万円が支給されます!


消費税が5%から8%に上がり、家計への負担がじわじわ増えてくるこの頃。
子供がいるご家庭の方へ朗報です。
消費税の影響緩和のため政府が、子育て世帯への子供1人につき1万円を支給する「子育て世帯臨時特例給付金」を実施します。
ただし、申請が必要なので該当する方は確実にもらいましょう!

スポンサードリンク

子育て世帯臨時特例給付金とは

平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。
また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。

臨時的な給付措置なので1回のみの支給となります。
金額は、対象児童1人につき1万円。3人子供がいる家庭は、3万円もらえるということですね。
ただし、給付を受けられる対象者となる基準がありますので以下で紹介。

対象者

基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。ただし、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象者及び生活保護の被保護者等は対象外です。

一つのハードルとして、平成26年1月分の児童手当を受け取っている事。それ以降に産まれた場合はもらえないようです。

スポンサードリンク

申請手続

支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。
申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行います。

給付を受ける申請が必要です。何もしなければもらえませんので、ご注意下さい。

開始の時期

各自治体において、準備が整い次第支給する

開始の時期はまだ未定ですが、各市町村の役所のホームページにもニュースとして上がってきていますので、準備は進んでいるようです。ホームページや電話で確認して見逃さないようにしましょう。

まとめ

是非、知らない友達のために教えてあげて下さい!
この記事は、厚生労働省のホームページから引用してまとめました。詳細な情報は厚生労働省のホームページをご覧下さい。
厚生労働省
子育て世帯臨時特例給付金について

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ