billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

好きな場所で好きな音楽を!iTunes Matchdの特徴


2011年に米国でのサービスが開始されていた「iTunes Match」が、日本でも利用できるようになりました。

iTunes Matchは、iTunes Storeで購入した楽曲やCDの楽曲など、パソコンにある音楽ファイルをクラウド上に保存し、それをスマートフォンや、タブレット、パソコンなど、様々なデバイスで再生できるサービス。

日本上陸で、すでに大きな話題となっているiTunes Matchですが、一体どんな特徴があるのかを紹介します!

スポンサードリンク

iTunes Matchの仕組み

音楽ファイルのアップロード、保管及びダウンロードができるクラウドサーバ「iCloud」を経由して、音楽を楽しむことができます。

これだけだと、ただのクラウドサービスですが、iTunes Matchの特徴は、「Match(マッチ)」させること。

パソコンに入っているすべての音楽ファイルをiTunes Storeにある3,700万曲以上の楽曲とマッチさせるという仕組みで、一つ一つをアップロードするわけでなないので、取り込みが高速になります。

インディーズやマイナーな楽曲など、iTunes Storeとマッチしなかったものは、iTunesからアップロードされiCloudに保存されます。

好きな場所で好きな音楽を


対応するデバイスは、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコン、Apple TV。
OSとバージョンによっては利用できない場合もあります。

iTunes Match には、コンピュータの iTunes または iOS 7.1 以降を搭載した iOS デバイスを使って登録できます。
Mac または Windows パソコンの場合は iTunes 10.5.1 以降
iPhone、iPad、または iPod touch の場合は iOS 5.0.1 以降
iTunes Matchの登録方法|Apple

従って、Android搭載の端末やOS10.4以前の古いMacでは利用できないようです。

スポンサードリンク

容量

iCloudに保存できる曲は最大25,000曲。iTunes Storeで購入した曲が含まれていれば、それ以上保存できます。iTunes Storeを利用しないユーザーは、10曲入りのアルバムが2,500枚分ですね。十分ではないでしょうか。

音質が良くなる

iTunesがマッチさせた曲は、256Kbps AAC、DRMフリーの音質で再生できるので、元々、それ以下の品質の音源は、良質な音で聞けるようになります。

利用料金

登録料は年間3,980円。1ヶ月で計算すると、利用料は約332円です。

米国では、年間24.99ドル。1ドル110円で計算だと、約2750円ですので日本での利用料はやや高めですが、約332円ですべての音楽ファイルをクラウド管理できるので人によっては、かなり利便性の高いサービスではないでしょうか。

iTunes Matchのメリット

以上をふまえ、メリットをまとめました。

  • パソコンやHDDが壊れたり、データが消失したりしてもiCloudにデータが残っているので安心。
  • 必要に応じてダウンロードできるので、デバイスの容量を圧迫しないで済む。
  • デバイスごとに、音楽ファイルを取り込む必要がなくなる。
  • 音質の改善が期待できる。

登録方法

Appleの公式サイトのiTunes Matchの登録方法を参照して下さい。

まとめ

ますますipodやウォークマンなどデジタル携帯音楽プレイヤーの必要性がなくなってきました。

スマートフォンやタブレットを持ち運べば、事足りますし、iOS搭載の腕時計「iWatch」が発売されれば、非常に身軽な状態で、ランニングなどのスポーツをしながら音楽を楽しめそうです。

Googleもそうですが、クラウド化が進めば、ユーザーのローカル環境でデータを所有することが、なくなっていきそうな気がしています。