billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

インターネットであなたにとって最適な答えを見つける方法


インターネットの情報に振り回されてはいませんか?

僕も仕事柄、分からないことがあるとすぐにGoogle検索をします。人に聞くよりも先に検索します。それは、クセのように当たり前のことです。

しかも、スマートフォンのおかげで、電車の中でも数分の待ち時間でも検索できます。検索に加え、アプリやSNSもあるから、情報の引き出し方も質も多様になりました。

情報がすぐに手に入る、すごく便利な世の中ですが、その一方で情報の見極めが難しくなりました。情報が多過ぎて振り回されてしまいます。答えが多過ぎて、自分にとって最適な答えが分からないんです。

では、最適な答えを見つけるには、どのようにすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

何を信じていいのか分からない。情報が人を不幸せにする。

最近では、車の維持費についての悩みがあり「車検 ディーラー」や「自動車保険 見直し」のようなキーワードでよく検索します。

当然、出てくる情報は人それぞれの見方があって「肯定」意見もあれば「否定」意見もありますよね。例えば、「車検 ディーラー」一つとってもいろいろな見方があります。

▽ディーラー肯定派
・料金が高いけど信頼できる
・車はそのメーカーにしか分からないこともある
・長く乗りたいなら安心
・量販店で車検を通したら、車に不具合があった

▽ディーラー否定派
・ディーラーは料金がたか高すぎる
・一回目の車検なら量販店で十分
・不必要な部品まですすめられる

このように調べれば調べるほど、いろいろな意見が出てくるから混乱します。どの意見もそれぞれの経験や知識に基づいているから、妙に真実っぽく見えてしまうんですよね。

僕は「心配性」もあって納得のいく答えが出るまで、気になって調べてしまいます。そうなると、他のことに手が付けられなくなり、寝るのも遅くなり、胃も痛くなり、調べなきゃよかったって思うほど気持ちが沈みます。

人が誰かだか分からないから信用できない

検索エンジンの結果に出てくるほとんどのページは、会ったこともないような人が書いた意見です。だから、その真意までは見えにくいのです。価値観も全く違いますし、その人の性格や職種を知っているかどうかでも、意見を聞く側の態勢は変わります。もしかしたら、ディーラー車検をすすめる人は大金持ちかもしれませんw。

つまり、その意見に「信用」というバックボーンがない。だから悩んでしまうんですよね。インターネットはオープンなメディアであり、誰でも情報が発信できるから余計にです。

スポンサードリンク

インターネットの情報は「引き出し」に。最後の答えは知人に相談する

そもそも身近に専門家がいないから、インターネットで調べているっていうのもあるんですが、調べたことは「情報の引き出し」として活用するのがいいでしょう。

そして、最後の答えは、その引き出しを元に知人に相談してみます。家族でも友達でも会社の人でも。なぜなら、あなたのことを知っている人の意見は重要です。専門家でなくても、あなたの性格や収入、家庭事情などを考慮して、最適な提案をしてくれるかもしれません。

それに「心配性を〜」でも書いたように誰かに話したり、書いたりすることで、すっきりまとまることがあります。

一同に知人の意見を集めたければ、ソーシャルメディア(facebookやTwitter)も活用できますね。

まとめ

“収集した情報を使いこなす能力”として情報リテラシーという言葉があります。ビジネスシーンでは、インターネットの情報を元に、自分で決断する場面も多くあるでしょう。

どこまで神経質になるかは調べたいことの重さによりますが、大きな決断はインターネットの情報に対して、慎重になるべきです。

そして、最後の答えは、インターネットで調べた意見を引き出しにして、身近な人の意見も聞いてみましょう。