billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

甘いのに辛い!?梅田のインデアンカレーでファンを魅了し続ける極上カレー

インデアンカレー
創業1947年。変わらぬ味を守り続け、いつもお客さんでいっぱいのインデアンカレー。

そんな極上のカレーを食べるべく、大阪梅田にあるインデアンカレー 阪急三番街店に行ってきました!

スポンサードリンク

アクセス

インデアンカレー 阪急三番街店
梅田の中心部のため、交通機関(阪急電車、JR、阪神電車、市営地下鉄など)でのアクセスは良好です。

阪急三番街店は、阪急電車「梅田駅」の地下にあります。飲食店が多く、はじめてなら迷路のように思えるので、案内板を見て進んでください。

大阪以外に、東京や兵庫県にも展開しています。詳しくは、インデアンカレーの公式Webサイトをご覧ください。

店内


カウンターのみ21席。あまり広くはありません。厨房を囲むように席が配置されています。

よくお店の前を通るのですが、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。この日も、2席ほどしか空いていませんでした。

支払いは、前払い制です。お店に入ってすぐのところにあるレジで注文、お会計します。すると、丸いチップを渡されるので、それを持って好きな席に座ります。

はじめてなら、とまどってしまうのですが、あらかじめメニューを見ておくと、お会計がスムーズですよ。

スポンサードリンク

メニュー

メニュー
インデアンンカレーとハヤシライスの2種。量とカレーの場合は、玉子入りかどうかを選びます。

レギュラー、ルーダブル、ルー大盛り、ライス大盛り、ピクルス大盛り、タマゴ入り

インデアンカレー(レギュラー)を食べてみました

インデアンカレー(レギュラー)
インデアンカレーを注文。なんといっても看板メニューですので、一度食べてみたかったのです。

席で黄色いチップを手渡すと、すぐにカレーが出てきました。吉野家より早いですよ。厨房が目の前なので、全く無駄がありません。

カレーは、ライスにまんべんなくかかっていますね。中央には、大きくカットされた牛肉がのっています。

ルー
食べてみました。口にいれた瞬間はとても甘いです。これならいくらでも食べられるなぁと思いながら、喉の奥に運ぶと、後から強烈な辛さが襲ってきました!

一口食べるたびに、甘い、辛い、甘い、辛いの繰り返しになるのですが、喉の奥に辛さが残るので、常に辛い状態が続きます。このループが人気の秘密でしょうか。

そのため食べ続けるには、お冷やが必須。お冷やは、なくなると、すぐに店員さんが注いでくれます。厨房が目の前のため、注がれるスピードも速いですw

タマゴをトッピングするともっとまろやかになると思います。

キャベツのピクルス
付け合わせは、キャベツのピクルス。甘酸っぱくておいしいです。カレーだけだと大味になってしまうので、うれしいですね。

基本情報

インデアンカレー 阪急三番街店
大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 B2F
TEL:06-6372-8813
営業時間:10:00~22:00 (L.O.21:45)
定休日:元旦、2月、5月、9月、11月の第3水曜日

※2015年6月の情報です。営業時間や価格などの情報は変更になる場合がございます。

まとめ

辛いのに不思議と食べるのがとまらない。極上のカレーといってもいいでしょう。スパイシーで本格的なカレーは味も最高ですよ。想像したらまた食べたくなってきました。

すぐに、おいしいカレーが食べられるのも魅力ですね。

こんな記事もオススメです!