billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

ホットプレートで作る!超簡単なキッシュの作り方

ホットプレートで作るキッシュ
キッシュとは、卵と生クリーム、それにたっぷりの野菜を使ったパイのようなフランスの郷土料理です。

見た目がおしゃれで、作るのが難しそう&面倒と思われるかもしれませんが、ホットプレートで簡単に作れますよ。冷蔵庫の残り物でも作れるので、節約にもなります。

今回は、ほうれんそうたっぷりの誰でも簡単に作れるキッシュの作り方(レシピ)を紹介します!

スポンサードリンク

材料(およそ2~3人前)

卵:4個
牛乳:200cc

とろけるチーズ:お好みで
ベーコン:3枚
じゃがいも:小2個
パプリカ(黄と赤):少々
たまねぎ:半分
ほうれんそう:1束

オリーブオイル:適量

調理器具

ブルーノ
おしゃれな雑貨やキッチン用品を販売しているIDEA(イデア)の「BRUNO(ブルーノ)コンパクトホットプレート」を使いました。その名の通りコンパクトで場所をとらず、使い勝手がすごくいいんですよね。

ホットプレートがない場合は、フライパンでもOKです。

スポンサードリンク

超簡単なキッシュの作り方

(1)じゃがいもを小さく切って電子レンジで加熱します。

(2) ホットプレートを予熱しておきます。温まったら、オリーブオイルをホットプレート全体になじませるように入れます。

具を炒める
(3) ベーコンを固くならない程度に炒めます。次に、パプリカ、たまねぎを炒め、火が通ったらじゃがいも、ほうれんそうを加えてさらに炒めます。

(4) 卵と牛乳をボウルで混ぜます。塩コショウも少々。キッシュといえば生クリームかもしれませんが、牛乳でもおいしく作れますよ。

キッシュ

(5)3で炒めた具材のうえに、4を全体にいきわたるように流し込みます。その上に、お好みでとろけるチーズを散らします。ピザのようでおいしいです。

(6)フタをして弱火で蒸し焼きにします。焼き加減をみながら、およそ10分~15分加熱すれば完成です。

キッシュ
フライ返しで切り分けます。ホットプレートだと、机で全部できるので、楽なんですよね。冷めにくいですし、みんなで作ることもできます。

簡潔にまとめると、具材を炒めて、卵と牛乳を流し込んで蒸し焼きにしただけです。めちゃくちゃ簡単ですよね。味付けも塩コショウしかしていません。

甘くておいしい!栄養満点のキッシュ

キッシュの焼き色
側面、底面はいい感じに固まって、焼き色がついていますね。今回使ったホットプレート「ブルーノ」なら焦げ付かずにきれいに焼けます。

ほうれんそうのキッシュ
中はふわふわしています。

キッシュ
食べると野菜と卵の甘みが混ざりあって、おいしいですよ。チーズの香りもいいんですよね。3歳の子どもも「おいしい!」といって食べてくれました。

味付けが足りないようであれば、トマトケチャップをかけてオムレツ風にするのもいいでしょう。

ボリュームもあるし、野菜が一度にとれるので栄養も満点。洋風なお好み焼きのようですね。

今回のレシピの具材だけでなく、いろんな具材で試してみると楽しいです。冷蔵庫の残り物で一品作れれば節約にもなりますよ。

ブルーノでアヒージョも作りました。