billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

たこ焼き器で作る!超簡単なアヒージョの作り方

たこ焼き器で作るアヒージョ
アヒージョとは、オリーブオイルとにんにくで海老や野菜などを煮込む料理のこと。

スペイン料理のレストランで出てくる本格的な料理のように見えますが、作り方は驚くほど簡単です。

しかも、たこ焼き器でもできます。たこ焼きパーティーのように、アヒージョパーティーをするのに最適ですね。

今回は、誰でも簡単に作れるアヒージョの作り方(レシピ)を紹介します!

スポンサードリンク

材料

オリーブオイル(たこ焼き器の約半分に注げるくらい)
にんにく:お好みで
具材:エビ、タコ、プチトマト、パプリカ 、マッシュルーム、ソーセージ

他にもアスパラや鶏肉、パンなど、オリーブオイル&にんにくと相性がいい具材はなんでも。アヒージョは、一見、大人の料理っぽいので、お子さんが好きそうな具材を用意しておくと楽しんでくれますよ。

調理器具

ブルーノ
おしゃれな雑貨やキッチン用品を販売しているIDEA(イデア)の「BRUNO(ブルーノ)コンパクトホットプレート」を使いました。その名の通りコンパクトで場所をとらず、使い勝手がすごくいいんですよね。たこ焼き用のプレートも標準でついています。

もちろん、ブルーノ以外でもたこ焼き器であればなんでもOKですよ。

スポンサードリンク

超簡単なアヒージョの作り方

(1)具材を適度な大きさに切っておきます。たこ焼き器の穴におさまるような一口サイズがベストです。

img15761_002
(2)たこ焼き器を予熱しておきます。

(3)オリーブオイルとすりおろしたにんにくを混ぜます。

オリーブオイルとすりおろしたにんにく
(4)たこ焼き器の穴の約半分が埋まるくらいに、3を流し込みます。足りない場合は、オリーブオイルを直接流し込みましょう。

アヒージョ
(5)沸騰し始めたら、具材をどんどん入れていきます。油が飛ぶこともあるので、バチバチとなり始めたら弱火にしたり、弱まってきたら強火にしたり、調整しながら揚げていきます。真ん中のパプリカのように、長く切ってしまうと入りきらないので注意です。

アヒージョのエビ
(6)いい感じで火が通ったら、竹串などで具材を取り出して食べます。

レシピはこれだけです。オリーブオイルとニンニクで、具材を加熱するだけなんです。たこ焼きより簡単です。

オリーブオイルとにんにくの香りが最高!熱々で食べるアヒージョ

熱々で食べるアヒージョ
たこ焼き器で作ると、簡単な上に、みんなと作りながら食べられるのでおすすめです。しかも、出来立て熱々です。

焼肉と同じで、気がついたら焼く係が、すごくがんばることになります。どんどん揚がっていくので。油が熱いので長い竹串や菜箸があった方が、食べやすいですよ。

アヒージョのエビとタコとトマトとウインナー
食べるのが追い付かないくらい出来上がりが早いです。盛り合わせるとおつまみのようです。

ぷりぷりのエビ。いい焼き色です。

肉厚のタコ。豪快にぶつ切りにしましょう。

加熱したトマトはあまり好きではないのですが、にんにくの香りが効いていて、おいしかったです。

ウインナーは子どもも喜びますよ。

オリーブオイルとにんにく。シンプルですが、手をかけずともおいしく食べられる最強コンビです。アヒージョは、お店にいかないと食べられないイメージがあるかもしれませんが、家庭でも簡単にできますよ。

今回のレシピの具材だけでなく、いろんな具材で試してみると楽しいです。冷蔵庫の残り物で一品作れれば節約にもなりますね。

ブルーノでキッシュも作りました。