billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

はままつフルーツパークをおもいっきり遊ぶためのガイド

はままつフルーツパーク
静岡県浜松市にある「はままつ フルーツパーク時之栖(ときのすみか)」に行ってきました!

ここは自然豊かな山々に囲まれたフルーツのテーマパーク。フルーツ狩り、大型遊具、バーベキューをはじめ、大人から子どもまで楽しめるスポットになっています。今回は、子どもとの遊びを中心にはままつフルーツパークの魅力を紹介します!

スポンサードリンク

アクセス

浜松市の地図
浜松市の中心部から離れたところにあり、車で行くのが最も便利です。

駐車場
無料で800台とめられる駐車場があります。

道路
フルーツパーク周辺は、ヤシの木が道路の両サイドにあり、リゾートっぽい雰囲気です。山奥とは思えません。

電車

天竜浜名湖鉄道の「フルーツパーク駅」下車。徒歩10分ほどです。

バス

JR浜松駅からは、「フルーツパーク行き」のバスが便利です。

詳しくは、はままつ フルーツパーク公式Webサイトのアクセスをごらんください。

はままつフルーツパークをおもいっきり遊ぶためのガイド

ここからは、フルーツパーク施設内のスポットを写真付きで紹介します!はじめて行く人も常連さんも「こんなスポットあったんだ!」と参考になればうれしいです。

今回、僕は子どもと遊ぶために行ったので、子どもと遊べるスポットが中心となります。

フルーツパークの地図
フルーツパークは、「西エリア」と「東エリア」の2つの大きなエリアに分かれます。

▽西エリア
大型遊具、イルミネーション、フードコート、バーベキュー、ショップのようなスポットがあります。

主にテーマパークのようなエンターテイメント系エリアですね。フルーツ狩りに興味がない人は西エリアだけで十分に遊べます。入り口ゲートは、駐車場に隣接しているこの西エリアからとなっています。

▽東エリア
西エリアとうってかわって自然豊かなエリア。いちご、りんご、なし、みかんなど年間15種類ものフルーツ狩りが楽しめます。


駐車場から、西エリアにあるエントランスゲートに向かいます。南国のリゾートのようですね。

入場口
エントランスゲートに到着しました。ここにある券売機でチケットを買います。

入園料
フルーツパークは、以下のように入園料がかかります。
大人・高校生:700円
中学生・小学生:350円
未就学児:無料

この入園料以外には、パーク内のところどころで有料スポットがあります。有料スポットで遊ばなければ入園料のみで遊べます。僕は、2歳の子どもと入園料だけで存分に楽しめました。

木彫りの動物
ゲートをくぐると木彫りの動物が出迎えてくれます。

パーク内
パーク内を進みます。西エリアを網羅するため端の方から攻めていきます。

噴水
噴水に並木道。何気ない道にも楽しませてくれる工夫が見られます。期間によっては、イルミネーションも行われます。

バナナの温室
バナナの温室が見えてきました。入場は無料です。

バナナ
バナナです!木になっているバナナをはじめて生で見ました。

バナナの花
バナナの花。巨大で怖いw。でも南国って感じですね。暖かい温室は、植物園のようになっています。

パイナップル
パイナップルって収穫前はこうなっているんですね。勉強になります。

実
何かわからない実w

りんごの飾り
温室を出て大型遊具のあるエリアへと進みます。途中の道では、フルーツをモチーフとした飾りを楽しめます。赤いのはりんごです。ここまで数が多いと見ごたえがあります。

ぶどうの飾り
こちらはぶどうです。

フルーツオーケストラ
そして、フルーツをモチーフとした大型遊具「フルーツオーケストラ」があるエリアに着きました。このエリア全体を見渡すとテーマパークのごとくほんとうに巨大です。しかも、無料で遊べます。

子どもにとってはこのエリアが一番おもしろいと思います。実際、たくさんの家族連れでにぎわっていました。ここからは、フルーツオーケストラを紹介します!

パイナップルタワー
フルーツオーケストラのメインともいえるパイナップルタワー。高い位置からの滑り台は、子どもを抱えて滑りました。

リンゴのローラー滑り台
リンゴのローラー滑り台。角度は緩やかですが長いです。

スイカの滑り台
スイカの滑り台。角度があり最もスピードがでます。

カキのブランコ
カキのブランコ。無数のロープがぶらさがっていて、上ったり、揺らせたりブランコ遊びができます。

バナナレールウェイ
バナナレールウェイ。バナナのアーチの中をターザンのようにロープ滑りができます。

メロンの形をしたジャングルジム
メロンの形をしたジャングルジム。

img7938_026
たぶんオレンジ。個性的なジャングルジムですね。

巨大なジャングルジム
いろんな遊びができる巨大なジャングルジムです。

img7938_028
クモの巣のようなネット遊具。

ふわふわマット
この白い物体は、「ふわふわマット」というトランポリンのような遊具です。柔らかいマットの上で飛んだり跳ねたり楽しめます。ただし、これに限っては、料金がかかります(25分200円)。

まだまだ写真では伝えられないほど盛りだくさん!このように、この遊具だけでかなり遊べます。この近隣には、他にもドッグラン、ローラースケート、サッカー場があります。

続いてショップやレストランを紹介します。

ショップ
フルーツにちなんだお土産を買えるショップ。

贅沢フルーツアイス
おいしそうな贅沢フルーツアイスやジェラート。

img7938_032
バーベキューは、雨が降っても大丈夫なよう屋内で楽しめます。

フードコート
300席以上の大型フードコート。いろいろなメニューがそろっています。

スポンサードリンク

西エリアから東エリアへ

東エリアへ
西エリアで数時間遊んだ後に東エリアへと向かいました。歩いて行くことも可能ですが、少し遠いです。

チューチュートレイン
歩くのがしんどい人のために「チューチュートレイン」が走っています。

チューチュートレイン時刻表
チューチュートレインは、1時間に2~3本。ほとんどの人が利用していました。

で、実際にチューチュートレインで向かおうと思ったら子どもがベビーカーで寝てしまって、僕も疲れていたので行くのをやめました。でもせっかくなので、わかる範囲でお伝えします。

ときめき橋
東エリアにかかるときめき橋。駐車場からも見えます。

img7938_034
フルーツ狩りの予定表。季節によって収穫できるフルーツが異なるようです。

フルーツ狩り
他にも、セグウェイ、おもしろ自転車でも遊べるエリアがあり、次に来たときは、是非行きたいと思います!

基本情報

はままつ フルーツパーク時之栖(ときのすみか)
〒431-2102
静岡県浜松市北区都田町4263-1
TEL:053-428-5211
営業時間:9:00~21:00(果樹園ゾーンは17:00まで)

※この記事は2014年9月の情報です。入園料やパーク内施設は変更になる可能性がございます。
詳しくは、はままつ フルーツパーク公式Webサイトをごらんください。

ちなみに時之栖(ときのすみか)っていうのは、地名ではなく運営会社の名前です。ホテルやレストランをはじめレジャー施設を多数運営しているようです。
時之栖グループ施設一覧

まとめ

浜松は、浜名湖パルパルや動物園など子どもが遊べるスポットがいくつかありますが、フルーツパークも自然の中で元気に遊ぶには最適なスポットです。もちろん大人だけでもフルーツを堪能できて楽しいので、是非利用してみてください!

こんな記事もオススメです!



節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ