billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

巨人戦のテレビ中継をとにかく安くたくさん見る方法


「巨人が強いとプロ野球がおもしろい!」

私は小学生の頃から野球ファンでテレビ中継が大好きです。実は阪神ファンなのですが、巨人戦は地上波で放送されることが多く、ひいきのチームがテレビで応援できるとあって楽しみでした。巨人のように強いチームと戦う試合は断然面白いですよね。

ところが、最近は視聴率の低迷で巨人戦をテレビで見られることが減ってきました。

野球ファンとしては寂しく思えますが、実は衛星放送やスマホといった視聴方法が増えたことで、昔よりも容易にみられるようになっているんです。

そこで今回は、巨人戦(読売ジャイアンツ)のテレビ中継を安くとにかくたくさん見られる方法紹介します!

巨人戦が見られる放送局

読売巨人軍公式サイトの「放送予定」では、テレビで見られる放送局を明記してくれています。

テレビ中継の視聴方法は、地上波、CS、BS、ネット中継の4つに分類されます(ここでゃラジオは除きます)。以下がそれぞれのチャンネルです。

地上波

地デジ対応のテレビさえあれば、最もお手軽にに見られる方法です。巨人戦は、主に日本テレビ系で、たまにTBSテレビ系、NHK総合で放送されます。巨人戦と言えば日テレで、毎日のように放送されるイメージがありましたけど、今は土日祝くらいしか放送されていませんね。わずか数パーセントの視聴率しかとれないため、テレビ局の採算が合わず難しいようです。

とはいえ、全く見られないわけではなく、BS・CSやネット中継といった有料放送にシフトしているんです。全試合見ることだって可能ですよ。

CS・BS

衛星放送、ケーブルテレビといったチャンネルです。巨人戦は主に以下のチャンネルで放送されています。
CS・・・日テレG+、TBSチャンネル2、フジテレビONE、GAORA SPORTS、スカイ・A sports+
BS・・・BS日テレ、BS-TBS、J SPORTS 1、NHK-BS

どちらも衛星放送なのですが、視聴方法に違いがあります。CSはスカパー!を契約することで見られる有料チャンネルです。BSは、WOWOWやNHK、民放BS(BS日テレ、BS-TBS)で見られます。民放BSはアンテナがあれば無料で見ることもできます。

他にはケーブルテレビで見る方法があります。

ネット中継

スマホやパソコンで視聴できるのがネット中継です。巨人戦は、巨人の主催試合を中心に100試合みられる「ジャイアンツLIVEストリーム」や公式戦全72試合が見られる「Hulu」(視聴はパソコンのみ)があります。

全球団の全試合を網羅!最もお手軽な「スカパー!プロ野球セット」


全球団全試合が視聴できる最強サービスが「スカパー!プロ野球セット」です。「面倒なことは抜き!とにかく簡単に全部見たい!」という人は絶対にこれです。月額3,980円(税込)かかりますが、これだけのサービス内容であれば相当な価値がありますよね。

公式戦(交流戦)だけでなく、クライマックスシリーズ、オールスター、日本シリーズも視聴できますよ(前年実績。今年のスケジュールは未定)。契約方法については、以下ページにまとめています。

スポンサードリンク

最も安くほとんどの巨人戦を見る方法

前述した「スカパー!プロ野球セット」以外で全試合が見られる放送局はありません。主催試合だけといった割り切りが必要になります。ここからは、価格とサービス内容を詳しくみていきましょう。

家族がいる人や映画好きに最適な「Hulu」


個人的に最もおすすめなのが動画配信サービスの「Hulu」です。1万本以上の映画やアニメ、お笑いが月額933円(税抜)で見放題の安さから、ここ数年で勢力を拡大しています。そして2016年から読売巨人軍が主催する公式戦全72試合のライブ配信が開始されました。視聴はパソコンのみですが、追加料金不要で見ることができます。つまり、巨人戦に加えて、映画やアニメも見ることができるんです。

子どもや家族を持つ家庭では、みんなが楽しめるので、契約するにしても理解を得やすいメリットがありますよね。「お父さん、野球ばっかり!」とはならないでしょう。

全試合ではないのと、巨人戦のライブ配信はパソコンでしか視聴できないというデメリットもあります。

公式サイト:Hulu

全部じゃやないけどたくさん見たいなら「ジャイアンツLIVEストリーム」


スマホ、パソコン、タブレットで視聴できる動画配信サービスが「ジャイアンツLIVEストリーム」です。巨人の主催試合、ビジター阪神戦、ビジター交流戦の約100試合を完全ライブ配信してくれます。

価格は、全試合パックで月額1,500円(税抜)、GIANTS CLUB会員なら月額1,000円(税抜)。もしくは1試合づつ購入することもできます。全試合ではありませんが、多くの試合が視聴できます。

ただし、巨人戦しか視聴できないため、時間がないなどの理由で、たまにしか見られないなら割高感があります。Huluやスカパー!のように巨人戦がないときに他の番組を楽しむことができません。

公式サイト:ジャイアンツLIVEストリーム

価格とサービス内容で比較

前項の内容をふまえ、「価格」と「サービス内容」の観点から比較します。

▽価格の安さ
Hulu 月額933円(税抜)
ジャイアンツLIVEストリーム 月額1,500円(税抜)
スカパー!プロ野球セット 月額3,980円(税込)

▽サービス内容
スカパー!プロ野球セット 全球団全試合(前年実績877試合)
ジャイアンツLIVEストリーム 巨人の主催試合、ビジター阪神戦、ビジター交流戦 約100試合
Hulu 巨人が主催する公式戦全72試合

お金をかけたくないなら、試合数は少ないですが、地上波や民放BSを見るのがいいでしょう。

このように価格の安さとサービス内容(試合数)は、比例しているんですよね。

悩むところではありますが、めっちゃ巨人や野球が好きなら「スカパー!プロ野球セット」一択、毎日見られるほど時間もないし、映画も楽しむ&家族への理解を得たいなら「Hulu」がお得感あります。

これくらいの割り切りで考えると、価格とサービス内容に見合った選び方ができるのではないでしょうか。

こんな記事もオススメです!