billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

地獄の激痛!粉瘤(アテローム)を切除する手術をしてきました


約10年前に、背中にできた粉瘤(アテローム)が肥大化して炎症を起こしました。

それまでは、なんともなかったのですが、突然に夜も眠れないほどの激痛が走ったんですよ。朝を待って、近くの皮膚科に飛び込みました。

「痛みをとるには手術しかない」と診断され、まさかの手術をすることとなりました。

このページでは、私が実際に粉瘤の手術を受けた体験談を紹介します。悩んでいる人は、モデルケースとして参考にしてみてください。

※あくまで一例です。症状が出たら、必ず病院に行って医師の判断を仰いでください。

※画像がグロテクスなので、閲覧には注意してください。

スポンサードリンク

皮膚科での診断結果

真っ赤に腫れた粉瘤(アテローム)
上の写真のように、真っ赤に腫れた状態です。痛みに耐えながら、なんとか近くの皮膚科に向かいました。

そして、先生が、その”できもの”を見た瞬間に言いました。

「これは痛いやろ。皮膚科なら誰でも知っている粉瘤というものです。アテロームとも言います。かなり炎症を起こしていますね。すぐに手術で切り取らなければなりません。」

私「めっちゃ痛いのですぐにしてください。」

先生「小さかったら針で刺して治療するのですが、6cm以上あり大きいです。周りにも広がっているので、メスを入れた方がいいです。ただ、この病院には麻酔がないので、大きな病院に行ってください。紹介状を書きますから」

ところが、その日は土曜日で、大きな病院の診療が休み。痛み止め(ロキソニン)と化膿止めをもらって帰宅しました。

痛み止めのおかげで、一時的に痛みがやわらいだものの、4時間程度で痛み止めの効果が切れる→激痛!→痛み止めを飲む、の繰り返し。

月曜日まで地獄でした。

大きな病院での診断結果

紹介されたのは、大きな市立病院の皮膚科です。

膿が出ている粉瘤
粉瘤はというと、土日の間に、膿が出て大変なことになっていました。痛みもどんどん増しています。

月曜日の予約受付時間(9時)を待って、すぐに電話しました。

受付「最短で予約できるのは水曜日になります」

私「マジですか(2日も待てない!)。症状が悪化しているので、すぐにでもみてもらいたいのですが」

受付「予約なしでしたら、待つかもしれませんが、今からでも大丈夫ですよ」

私「すぐに行きます!」

その日は、仕事だったのですが、まともに仕事ができる状態ではなかったため、事情を話してすぐに病院へ向かいました。

「待つかもしれない」と言われていたので覚悟していたのですが、幸いにして1時間程で呼ばれました。紹介状の力かもしれませんが、予約などせず、ほんとに行ってよかったです。

そして、待ちに待った診断です。

先生「これは大きいなぁ。ここで切ったら血が噴き出すかもしれないので、手術室を予約して手術しましょう。明日の午後はこれますか?」

私「(今日じゃないんかい。。。)分かりました。お願いします」

その日は、血と尿の検査、心電図をとり帰宅しました。

薬は、塗り薬(エルタシン軟膏0.1%)をもらったので、塗っておくようにと。お風呂は入ってもいいと言われました。痛み止めは、最初の皮膚科でもらっていたもので繋ぎました。

スポンサードリンク

手術当日!痛みに耐えながら成功しました


指定時刻へ病院へ。15時からだったので会社は半休をとりました。

でも結局、前の患者さんがおしていて、16時半スタートに。

数日間、地獄のような激痛に耐えてきましたが、ようやく苦しみから逃れられます。しかし、私は手術がはじめてだったので、それよりも緊張と恐怖で気が重かったです。

そして、手術用の服に着替え手術室へ。

言われるがままにうつぶせになってベッドに横になります。補助担当の女性の先生が、やさしく声をかけてくれますが、不安は増すばかり。

執刀医は、ベテランっぽい男性の先生と見習いっぽい女性の先生です。

見習い先生「点滴うちますね。チクッとしますよ。ん?あれ?おかしいなぁ。入らない。こっちに刺そうかな。ん?あれ?」

ベテラン先生「代わります。一回抜きますね。。。。はいOK」

私「(恐い。痛い。)」

ベテラン先生「では手術をじはじめます。麻酔をうっていきますね」

腫れ上がった粉瘤に直接、麻酔の針が刺さります。当然ながらチクッと痛いのですが、耐える以外に方法はないのです。

範囲が広かったので、麻酔が効いているかどうかを確認されながら、何カ所にもうたれました。もちろん局部麻酔なので、私の意識は、はっきりとしてます。

そして、メスか何かで切られているような感覚もあります。私の想像では、サクッと切り取って終わりかと思っていたのですが、違うんですね。

「グイ!グイ!」っと先生がすごい力で粉瘤を押しています。その圧迫する力が骨に伝わり痛い。。。

おそらく、手術後に穴があいていたのでヘソ抜き法(くり抜き法)と呼ばれる手術方法だと思います。その穴から、粉瘤の中身を押し出していたのかもしれません。縫合もありませんでしたから。

ちなみに、皮膚を切開して行う小切開摘出術(切除術)という方法もあります。

そんな感じで、手術が進みます。

私の場合、炎症を起こしていた範囲が広がっていたので、とにかく痛かったですね。気づいてもらうために、何度も「痛い!」と声を上げるようにしてました笑。

それと粉瘤の中は、めちゃくちゃ臭いという評判を聞いていたのですが、臭いは全くありませんでした。

詳しくはこちら→「粉瘤(アテローム)は臭いの?つぶれて膿が出たけど全く臭いませんでした

手術時間は、はっきりと覚えていませんが30分程度でした。

「綿を詰めたので、明日とりに来てください。今日はお風呂に入らないでください。」と言われて終了です。

ところが安堵の表示が浮かぶわけでもなく、まだ、痛みの感覚があったので「ほんとうに治ったのか」と不安でしたね。

とはいえ、ようやく粉瘤の治療が終わり、手術室を後にします。

痛い!震えがとまらない

手術が終わって10分後くらいで異変が起こります。

「ガクガク!ブルブル!」体中の震えが止まらなくなって意識がもうろうとしてきたんです。

後で調べたのですが、「シバリング」という現象で手術後によくある症状のようですね。

それと、おそらく麻酔が切れたせいか、粉瘤のところが指でつままれているかのごとく痛い。めちゃくちゃ痛い。

立って歩くのもやっとの状態です。早く家に帰りたかったので、なんとか会計を済ませ、調剤薬局で痛み止めをもらってすぐに飲み込むと3分くらいで、落ち着いてきました。

はじめてだったので、手術に失敗したのかと思って、ビビりまくりましたよ。。。

その後、丸一日くらいは痛みが続いたので、痛み止めは飲み続けました。

なお、手術を含めた今回の治療費の総額は27,820円でした。詳細については、以下のページにまとめました。加入していた医療保険がおりたのでうれしかったです。

手術後の経過

粉瘤(アテローム)の手術
次に日に、綿をとりに病院へ。写真のように穴が開いている状態です。

穴に綿をきつく詰めていたらしく、それを取るのにまた、激痛が走ります。もう、いつまでこの痛みと戦うのかと思いましたね。血もたくさん出ていました。

それからは、毎日、薬(エルタシン軟膏0.1%)を塗って、大きなばんそうこうで保護。背中だったので妻にやってもらってました。

粉瘤(アテローム)の穴
痛みもなくなり、もう大丈夫だな、と思えるまで2週間くらいかかりました。上の写真のように、腫れはひいてますね。10年ぶりに平らな背中になりましたよ。

それでも穴は開いた状態なんですが、今度はネグミンシュガー軟膏という塗り薬を穴に塗り続けました。穴がふさがるにはさらに時間がかかりましたよ。

なお、発症してから完治するまでのすべての経過については、以下ページに詳しくまとめました。

再発する危険性

単刀直入に先生に聞いてみました。

先生「再発する可能性はあります。同じところにできることもあるし、別のところにできるかもしれません。でも、今回手術したところは少なくとも数か月は大丈夫だと思いますよ」

との回答でした。はっきりと「もう大丈夫!」と言わないので、再発する可能性はあるのでしょう。できやすい体質の人もいるようですね。

人によるので、考えていても仕方がないですが、もう勘弁してほしいですね。

まとめ

炎症を起こしてからは、ほんとうにつらい痛みに耐えなければなりません。気になるのであれば、医師と相談して、できるものなら早めに治療しておいたほうがいいですよ。

私の場合は、自然治癒などする気配は全くなく、どんどん症状が悪化しました。過去になったという人の話を聞きましたが、やはり激痛だったようですし。。。

それに、良性の粉瘤ではなく、悪性の別の”できもの”である可能性もありますから。検査はしておいた方がいいでしょう。

どちらにせよ、痛みを感じたらすぐに病院に行くことをおすすめします。