billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

映画を安く割引でみる方法【完全版】

映画を割引で安く
「映画のチケットが高すぎる!」

一般的な映画館の料金は1,800円(大人)が相場です。さらに、3DやIMAXでみるとなるとさらに数百円が加算されます。カップルや家族で行くと1回の上映で4,000円~5,000円かかることも珍しくありません。

これでは映画館に行く足も遠のいてしまいますよね。映画は、もっと身近な娯楽であったはずです。

そんな不満を解消してくれるのが、各映画館で実施されている割引サービスです。割引を使えば1,000円で映画をみることも可能ですよ。

料金や割引は、映画館ごとに異なります。そこで利便性が高く、人気の映画館である「イオンシネマ」「TOHOシネマズ」「109シネマズ」それぞれの割引サービスを比較してまとめました。お近くの映画館を参照してみてくださいね。

スポンサードリンク

映画館別の割引

映画館ごとに割引の方法をまとめました。詳細は各ページをごらんください。

イオンシネマ

イオンシネマ割引

劇場数が多く、最も利便性のいいのがイオンシネマ。イオンに隣接しているので、駐車場があり、家族や友だちと車で行きやすいです。イオンマークのクレジットカード提示で1,100円になるお客さま感謝デーやイオンオーナーズカードの割引、e席リザーブの割引といったイオンシネマ独自の割引が魅力。

また、イオンシネマのポイントサービスなら、ポイントを6つ貯めると、1回分の映画が無料でみられます。

TOHOシネマズ

TOHOシネマズ割引

安くなる割引サービスが豊富なのがTOHOシネマズ。TOHOシネマズデイ、auマンデイ、ファーストデイ、シニア割引など1,100円でみられる割引が多いです。映画の割引は、最安値級が1,000円なので、1,100円というのはかなり安いですよ。

会員制サービスのシネマイレージRカードなら、6ポイント貯まると映画1回分が無料になります。

109シネマズ

109シネマズの割引

体感型の4DXやIMAXなど次世代型の映画に強い109シネマズ。109シネマズの日やレディースデイは1,100円になりますよ。また、割引料金にプラスすれば、3Dや4DXやIMAXの映画も安くみることができます。

会員制サービスのシネマポイントカードなら、割引日が増えるほか、6ポイントたまると1回分が無料になります。

割引の種類

割引になる方法は大きく分けて以下の3つ。

(1)曜日、日にち、時間による割引日
(2)前売り券や福利厚生サービス、クーポンなど割引サービス
(3)クレジットカードや株主優待など映画館独自の付加サービス

それぞれにメリットとデメリットがあります。

(1)日時による割引日のメリットとデメリット

「レイトショー」や「毎週水曜日はレディースデー」など指定の日時で安くなる方法です。メリットは、日時さえ合わせられば大幅な割引になること。最も安くなります。

デメリットは、好きなときにみられないことです。土日祝など限られた時間しか休めない人は、合わないかもしれません。

(2)割引サービスによるメリットとデメリット

前売り券や福利厚生サービス、金券ショップなど、事前にチケットを購入することで安くなる方法です。メリットは、好きなときに割引価格で映画がみられることです。コンビニで当日に発券できるものもあります。

デメリットは、割引価格が低いことと、事前にチケットを入手する機会を逃したり、手間がかかったりすることです。

(3)映画館独自の付加サービスによるメリットとデメリット

映画館独自でクレジットカードやポイントカードによる割引や運営会社が株主優待を実施している場合があります。

メリットは、割引率が高いこと。ポイントをためれば無料で映画がみられることもあります。ひいきにしている映画館があってリピートしているなら、かなりお得な方法です。

デメリットは、クレジットカードを発行したり、株主になったりと、それなりのハードルがあることです。誰しもが、気軽にうけられるわけではありません。

スポンサードリンク

割引料金の相場

どの映画館でも1,800円が、1,000円〜1,400円くらいに安くなるのが相場です。個人的には、1,300円くらいであればよしとしています。

最安値はどこ?おすすめの選び方

前項で紹介した割引方法の中でも、おすすめは○○デーといった割引日です。理由は、割引率が高く、お手軽だからですね。1,000円になる日もあります。

毎日のように、どこかの映画館で実施されているため、都市部に住んでいて映画館の選択肢が多いのであれば、○○デーに該当している映画館があるかどうかチェックしてみましょう。

「好きな日にみたい!」ということであれば、福利厚生サービスを比較してみましょう。私も土日にみたいことが多く、○○デーに該当する日が少ないんですよね。なので、ベネフィットステーションをよく利用してます。いつでも割引価格のチケットをコンビニで発券できるので、重宝してます。

よくある質問と注意次項

同系列の映画館でも割引サービスが異なる

映画館が独自で実施している○○デーなどの割引は要注意です。例えば、イオンシネマ茨木には毎週月曜日に全作品1,100円均一になるハッピーマンデーがありますが、イオンシネマ大日はありません。

必ず行く予定の映画館の公式サイトをチェックしましょう。

レディースデーやレイトショーは全国共通ではない

よく聞くレディースデーは全国共通ではありません。映画館毎に設けられた割引サービスなので、ないところもあります。

夜に映画が安くなるレイトショーもしかりです。イオンシネマのハッピーナイトのように名称が異なることもあります。

3DやIMAXは安くなるの?

3DやIMAXは、通常のチケット料金+数百円の特別料金がかかります。割引は、通常のチケット料金に適用されます。つまり、割引後の通常チケット料金+特別料金を支払えば3DやIMAXもみられます。結果的に、安くなるということですね。

※映画館によって異なる場合もあります。

映画館の割引まとめ

映画館によって割引が異なるので、複雑に思えるかもしれません。安くするには以下の順番で確認してみましょう。

(1)行きたい映画館を決めて、その中から割引を探す
(2)複数映画館があるのなら日付が割引に該当しているかを探す
(3)日付に該当していなければ、福利厚生サービスを使う

リピーターであれば、ポイントカードを作っておいた方が絶対にお得です。6回みると、1回分が無料になりますよ。