billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

知らない間にマナー違反!満員電車でやってはいけない7つの行動


毎朝、満員電車に揺られながら会社に通勤しています。立ちっぱなしで小1時間、毎日乗っても慣れずに疲れます。そして、疲れた体に追撃ダメージを食らわせてくるのが、マナーの悪い乗客。

今回は、自分もやってしまわないように、満員電車でやってはいけない行動をまとめました。

スポンサードリンク

1.リュックを背負ったまま

僕は、これが一番許せません。

リュックを背負ったままだと、リュックの面積分、人が詰められません。リュックを手で持ってくれれば、もっと余裕ができます。また、リュックを背負った人は気付いていないでしょうが、方向転換や電車が揺れるたびに、体にあたります。

かっこつけているつもりかもしれませんが、満員電車の中では何一つ、かわいくも、かっこよくもないので、下ろしましょう。大きめのショルダーバッグを肩からかけている人も同様です。

2.前に詰めない

ギュウギュウと人が乗り込んでくるにもかかわらず、全く微動だにしない人。

あなたが、ダムのようにせき止めるおかげで、すし詰め状態のエリアと、ぽっかりあいているエリアに分かれてしまします。

「今日はすごく込んでいるなぁ」と、思っていたら、それは一部分だけだった!ということがよくあります。

スポンサードリンク

3.列に並ばない

電車に乗る前は、基本的に2列に並んで電車を待ちます。

後から順番に並んでくれればいいものを、横や、斜め後ろなど、変な方向に並ぶ人がいます。後ろの人が、どこに並んだらいいのか困るので、正しく並んでください。

それと、電車の扉が開いて、人が乗り降りしているどさくさに紛れて、横から入ってくるのもやめましょう。

4.詰めて座らない

足を広げたり、座席に荷物を置いたりされると、座れる人数が減ります。それと、微妙に間隔をあけてすわる人。密着するのが嫌なら座らないで下さい。

5.ドア付近から離れない

駅に到着したらドア付近の人は、一旦降りてください。降りる人は必死なので、ぶつかったり、足を踏んだり、危ないです。

満員電車では、自分だけがキープできるスペースはありません。

6.スマートフォンに集中しすぎ

スマートフォンや本は、電車通勤を有効にしてくれるマストアイテムだと思いますが、メールやゲームに集中しすぎて、周りを見ていないと危ないです。両手で操作している人は、つり革を持てないので、電車が急ブレーキをかけるともっと危ないです。

また、スマートフォンは、画面サイズが大きく、何をやっているか丸見えになるので、角度に注意してください。たまたま、近くにいる人は、見たくもないのに見えてしまうので、目のやりばにも困ります。

7.しゃべりすぎ、音漏れ

僕は、音に関しては、あまり気にならない性格ですが、不快に思う人は必ずいます。数人で輪になって会話をしたり、大きな声で話したり、迷惑にならないかを考えましょう。

まとめ


愚痴っぽいエントリーになってしましましたが、一人一人の行動が、満員電車のストレスを和らげてくれます。

疲れている時や、スマートフォンに夢中になることは、自分にもあるので、気付かない間に迷惑をかけている可能性があります。しんどいのは皆、同じですので、周りのことを考えて、今日も電車に乗りましょう!