billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

コスパ最強!Creativeのパソコン用スピーカーは名機と呼んで間違いない!

Creativeのパソコン用スピーカー Inspire T10パソコンから流れる”音”はどのように楽しんでいますか?パソコンは、音楽や動画を再生するマルチプレイヤーともいえるので、パソコンに内蔵されているスピーカーの音がひどすぎると聞く気をなくします。

極端なこだわりはないものの、ストレスなく聞ける最低限の音質は求めたい。そんな人には、パソコン用スピーカーがおすすめです。

今回は、僕が2年間愛用しているCreativeの「ステレオスピーカー Inspire T10 IN-T10」を紹介します。安いわりに性能がよく、コスパ重視で考えれば名機と呼んで間違いありません。

スポンサードリンク

パソコン用スピーカーを買った理由

デスクトップパソコンをマウスコンピューターのBTOパソコンに買い替えたときに、液晶ディスプレイをiiyama製にしました。薄型で画質もキレイ。ただし、内蔵スピーカーの音だけが不満でした。音にこだわりはないですが、100均のスピーカーの方がまだマシなんじゃないの!?ってくらいにひどくて、我慢できなくなりました。

そこで、安価で性能のよさそうなパソコン用スピーカーを検討。音へのこだわりよりもコストパフォーマンス重視です。いくつか候補を上げ、ヨドバシカメラで試聴した結果、今回紹介するCreativeのスピーカーを購入しました。

Creativeのパソコン用スピーカー「Inspire T10」が優れている7つの理由

Creativeは1981年にシンガポールで設立されたメーカー。パソコン向けの音響機器に強く、Amazonのレビューでも評価の高い製品を数多く発売しています。

1.クリアでまとまりのある音質

スピーカー
まずは肝心の音質。全体的にまとまりがあり、クリアで自然な音が流れます。

専用ツィーターとミッドレンジドライバーの組み合わせでスムーズな高音域から豊かな中低音域を再生する2ウェイデザインを採用。音楽のディテールまで詳細に描けます。

スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出すよう音響学的にデザインされたBasXPort™を搭載。サブウーファーがなくても深みのあるリッチな低音域を再生します。

高音域と低音域のバランスもいいです。安っぽいスピーカーにありがちな、荒々しさや間の抜けた感じは全くありません。

2.劇的に変わる音楽環境

性能のいいスピーカーということもあり、これまで内蔵スピーカーで音楽や映画、ゲームを楽しんでいた人は劇的に音楽の環境が変わるでしょう。迫力が桁違いによくなり、ちょっと感動しました。内蔵スピーカーで不満がない人も試してみる価値はありますよ。

そもそもスピーカーがついていないディスプレイで、とにかく音を出したいという人にもおすすめです。

3.コンパクトサイズで省スペース

ディスプレイの両サイドに設置
良質な音でありながらボディサイズはコンパクトな2ウェイスピーカー。ディスプレイの両サイドに設置します。机の上に置いても、邪魔にならない大きさです。ノートパソコンの横に置いても圧迫感なく使えるでしょう。

4.光沢が美しいデザイン

カラーは光沢感のあるピアノブラック。高級感があります。デザインは、余計な飾りもなくシンプル。そのため、どんなデザインのディスプレイでも、デスク環境でも合うのではないでしょうか。

フロントパネルの傾斜は、音響学的にも最適なようです。

5.2年間で不具合が1回もない

もう2年使っていますが、故障はおろか、不具合すら1回もありません。買ったその日からずっと快適です。

環境は、直射日光のあたらないパソコンデスクの同じ位置に置きっぱなし&ACアダプターさしっぱなしです。ホコリは気づいたときに掃除してます。(もちろんこの手の製品は初期不良や故障がないとは言い切れないので参考程度に。)

6.用途は様々

ボリュームとバスレベルをコントローラー

プライベートリスニングに最適なヘッドフォン出力端子と、デジタルオーディオプレーヤーなどを接続できるAUX入力端子を搭載。パソコン以外にも様々な楽しみ方が広がります。

各端子がついているので、パソコン以外にも使えて用途は多彩。ヘッドフォンを直接スピーカーにさせるのも便利です。

また、ボリュームとバスレベルのコントローラーも付いていて手軽に調整できます。ちなみにボリュームのつまみを回せば電源が入り、0に戻せば電源が切れます。

7.良質な性能にしては価格が安い

ここまで6つの優れているところを紹介しました。そして最後にいいたいのが価格の安さ。これほどの機能を備えていながら5,000円以下の手頃さです。もちろん、音に対するこだわりが人並み以上で、細部まで追求する人は、もっと高価なものがいいかもしれません。そうでなければ、数万円のスピーカーを買わずとも十分な性能です。僕は大満足しています。

スポンサードリンク

注意点

ACアダプター
電源はACアダプターから供給するので、コンセントが必要です。パソコン周りは、コンセント類が多いと思いますので、コンセントの確保とともに、配線周りには注意してください。ちなみにACアダプターはかなり大きいです。

基本情報

メーカー型番:IN-T10:
ドライバーユニット:2ウェイデザイン
スピーカー出力:5 W RMS/ch (2チャンネル)
周波数特性:80Hz~20kHz
S/N比:75dB
フロントスピーカー:約8.8 x 19.4 x 13.2 cm / 約1.1 kg
入力端子:アナログ2系統 ・2ch x1、・AUX x1
出力端子:ヘッドフォン出力(ステレオミニジャック) x1
スイッチ、インジケータ、その他のコネクタ類 : 電源スイッチ/ボリュームコントロール/バスレベルコントロール/電源LEDインジケータ
カラー:ブラック

商品紹介

Inspire T10

T12 Wireless

こちらはbluetoothでつなげるワイヤレスタイプ。

Inspire T3300

サブウーファー付きの2.1スピーカー。重低音を重視するならこれ。

まとめ

音質、デザイン、価格のすべてがまとまったスピーカー。コスパは間違いなく最強です。

この記事の一部は、Creative公式サイトより引用しています。

こんな記事もオススメです!