billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

2013中日三重お伊勢さんマラソン10kmラン完走!

お伊勢さんマラソン
2013年12月8日(日)に伊勢神宮のある三重県伊勢市で2013中日三重お伊勢さんマラソンが開催されました。
僕自身、初のマラソン大会。5km、10km、ハーフマラソンの3つの部門のうち、10kmの部に出場です。

ダイエットのためにマラソンを始めたのですが、長く続ける為にこの大会を完走することを目標にしていました。

今回は、お伊勢さんマラソンの概要と貰って嬉しかった参加賞などを紹介します!

スポンサードリンク

大会概要

お伊勢さんマラソンスタート
割と大きな大会で、10kmの部は男女合わせて2,235名の参加です。
ハーフ、5kmも同じくらい。
上の写真はハーフのスタート前です。

スタートは、2013年12月8日(日)午前9時35分。午前11時35分で閉鎖です。
参加費は、10kmの部で3,000円です。
前日の7日にはウォークの部も行われていました。

いよいよスタート!

天気、気温ともに良好で絶好のマラソン日和。もたもたしてたら、スタート地点からかなり後方からのスタートになってしまいました。
でも、競技場に出るとテンションが上がりますね!
予定通り午前9時35分にスタートしました。

スポンサードリンク

コース

交通規制がかけられ、伊勢神宮の内宮近辺の一般道を走ります。
三重県営総合競技場をスタート→おはらい町→内宮前→伊勢自動車道→倉田山公園野球場付近で折り返して、三重県営総合競技場に戻ってくるコース。

いつもは、観光客でごったがえしている、おはらい町を突っ切るのはなんともいえない感じでした。
沿道からの声援もありがたいです。

そこから、倉田山公園野球場付近までは緩やかな上り坂。フラットな場所でしか練習していなかったので、かなりきつかったです。
給水所は2箇所ありましたが、長い距離ではないので、給水なしで走り続けました。

折り返してからは緩やかな下りになります。
初めてのレースだったので、ペースをつかめず最初に飛ばしすぎて、後半はヘトヘト。スパートをかけるランナーにガンガン抜かれましたw

目標の1時間以内で完走!

ヘトヘトになりながら、三重県営総合競技場に戻ってゴール!
目標にしていた1時間以内、そして練習で計測していた10kmの自己ベストも更新です。
疲労は最大でしたが、周りのランナーに刺激を受けたせいか、記録は良かったです。

記録計測

この大会は、しっかりタイムを計測してくれます。

ランニングの部のみ計時専門業者のシステムを利用。ゼッケンに貼り付けた本大会専用チップを読み取り、タイム着順を管理する。また完走者には記録証を進呈。(但し、公認申請はできません)
2013中日三重お伊勢さんマラソン公式ホームページ

レース後、受付ですぐに記録証を発行してくれました。

参加賞

参加賞は、オリジナルバスタオル、赤福餅(2個)、お伊勢さんチケット、物産展サンプリングチケット、ドリンク。3,000円の参加料でこれだけ貰えれば満足な内容です。

オリジナルバスタオル、赤福餅(2個)

オリジナルバスタオルと赤福餅
かなり大きなスポーツタオルとお土産の定番赤福餅2個です。

お伊勢さんチケット

お伊勢さんチケット
物産展かおはらい町等の指定店舗で500円分の金券として使えます。

具だくさんのラーメン
いろいろな食べ物の屋台が出ていて、500円分のお伊勢さんチケットで具だくさんのラーメンを食べました。
チケットで食べられるのはありがたいです。

物産展サンプリングチケット

物産展サンプリングチケット
広場に数十社の企業ブースが並んでいて、サンプリングチケットで好きな企業のサンプル品が貰えます。

サンプル
枚数は、6枚か7枚か忘れましたが、究麺や豆乳クッキーなど上の写真分の商品を頂いてきました。

ユニークな賞

順位が上位のランナーだけでなく、いろいろな賞があります。

連続出場賞(30回、25回、20回、15回、10回、5回)
遠方賞(最北南端からの出場者(若干名))
最高齢者賞・・・男女の最高齢者(賞品の授与)
など。

僕はかすりもしないほど、該当してませんw

結果と写真がホームページに載る

マラソン後の楽しみは、なんといっても結果。
お伊勢さんマラソンでは、記録証だけではなく、当日の夜には公式ホームページに結果がアップされていました。早い!
参加した全員のタイム、順位が掲載されていて参考になります。
2013中日三重お伊勢さんマラソン公式ホームページ

まとめ

伊勢市駅
マラソン大会の面白さに目覚める大会となりました。
お伊勢さんマラソンは、ついでに伊勢観光もできるので、家族で行くのもおすすめです。